トップへ
ブログロゴ

白洲次郎さんから学ぶ「信頼を高める着こなし三原則」

vol. 5518   



成人の日も終わり3連休終了!
試運転状態の先週から
今日から世の中も本格稼働
といった感じですね

3連休の最終日は
前から見たかった映画を
見にいってきました

 占領下から日本が独立を
 果たすまでのストーリーを
 日本国憲法の制定を軸に
 描かれた映画

 いまの日本の平和は
 祖国の将来を思う先人の
 献身と覚悟の上にあるもの





 事実として継承すべきことは
 継承する必要がある
 息子にも見せたいと思える
 映画でしたね

どうしても仕事柄
装いに目が行くのですが
主役の1人が白洲次郎さん

ウエルドレッサーとして
その着こなしは今でも
高く評価をされているかた

映画の装いも素敵でしたが
専門家から見ると
「基本をきちんと押さえた」
着こなしかたなのです

◆基本三原則

その基本とは
「留める・結ぶ・締める 」
この3つ




留めるべきものを留め
結ぶべきものを結び
締めるべきものを締める




この3つの基本を守ることで
非常に信頼感を感じさせる
着こなしが出来上がります

映画の中の白洲次郎さんは
まさにこれ
どう選ぶか?も大事ですが
どう着るか?は更に重要です

留めるべきもの
▶ボタン

結ぶべきもの
▶紐

締めるべきもの
▶ネクタイ

ボタンは留めるためのもの



唯一の例外は
ジャケットの一番下のボタン
立っている時には
これ以外は留めましょう




またボタン自体が緩くなって
外れかけなのもNG
ボタンが緩くなってないかは
衣替え時期に確認しましょう!

紐とは靴の紐

紐をしっかりと結ぶ事で
足に変な負担をかける事なく
疲労も軽減されます

また美しく結ばれた紐は
見た目にも非常に美しく
教養も感じさせるのです

ネクタイを緩みなくしめる



これも非常に重要です
ネクタイは顔の直下なので
非常に目立ちます

緩んだネクタイで
許されるのは高校生だけ
大のオトナがすると
ネクタイの締め方をしらない
としか思われません




するなら緩みなく締める
しないなら外す

どちらかにしましょう!

選ぶ力をつけるのは
少し時間がかかりますが
着る力をつけるのはカンタン!

留める・結ぶ・締める

この3原則を
実践していきましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive