トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年3月18日

コロナでも売上が上がり続けるビジネスモデルの作りかた

vol.5583   




色々なブログを日々読んでいますが
そのなかの1つが千田涼介さん

千田さんは札幌を拠点に活動する
ビジネスモデル作りの専門家

千田さんを知るキッカケになったのが
昨年4月ころに書かれたこの記事でした

~千田さんブログより抜粋~




経営者やフリーランスへの
支援については批判的な声があり



リスクがあるのを知ってて
会社に所属しない道を
自分で選んでるんだから
困ったときだけ補償しろ
というのはおかしい

という意見が散見されます




…まあ、
言いたいことは
わからなくもないんですが




独立した人に
そうやってリスクを負わせていくと
つまんねー世の中になっていくんですよ





例えば飲食店の場合

起業がリスキーになって
独立する人が減っていくと、
大手レストランや居酒屋だけが残る

これのなにが
つまらないかと言うと

大手企業は
働く人の数が多く
毎月の固定費も膨大




ですから
「大衆をターゲットにすること」
が絶対条件になります。



つまり、

皆に好かれるような
無難な料理や味を選び
金額も安めに
設定するしかないんですよ








それに対して
個人経営の小さな飲食店なら

月の売上が
100~200万円程度でも
十分な利益が出ます。



であれば
一部のファンを獲得するだけで
お店を運営できるので

万人受けしないような
尖ったコンセプトで
料理を提供することができる






そういうお店が
世の中にたくさんあるので
消費者側としては
色々な選択ができるんです

大手しかない世界なんて
ホントにつまらないと思いますよ

まあ、だから何だって
訳じゃないんですが(笑)




独立して仕事をするって
楽なことばかりじゃないですし
社会的にもすごく
意義のあることなんですよ

◆ちいさな会社の役割

このブログを読んで
すごく共感をしたのです
そして勇気もいただきました




ちいさな会社の経営者として
社会的に意義があること
を私もできているんだ!




と自負できたのです


もちろん経営者として
利益を出し会社存続させる事
にあまえは一切ありません

事業を続けることが
出来るも出来ないも
すべては経営者の責任

当たりまえですが
あらゆる覚悟はしています

そのうえで
自分が頑張ることが
社会を面白くする1つの力なんだ

大手企業
にしかできないこと

小さい会社
にしかできないこと

それぞれに役割があると
千田さんのブログを読み
感じることができました

そこからずっとブログを
読んでいるのですが
実際に一度お話を聞いてみたいと
ずっと思っていたんです

そして正直に
千田さんにお話してみると

大阪でセミナーやりましょう!

と快諾してくださり
今回開催することになりました!


詳細ですが

<会場> 
船場ビルディング会議室
大阪市中央区淡路町2丁目5番8号)
※オンライン受講も可能です※

<日時>
2021年4月9日(金)
16:00~19:00(開場15:45~)
定員10名

〈参加費 〉
5,000円(税込5,500円)

セミナー詳細とお申込みが
↓↓↓になります!

コチラからどうぞ!

またセミナーの詳細を
千田さんのブログでも
↓↓↓からご覧いただけます!

コチラからどうぞ!

私ももちろん当日参加します!
ちいさな会社が必要とされ続ける
方法をともに学びましょう!

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。