トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年4月30日

靴ヒモは足元からビジネスを支えている

vol. 5626   







暦通りのイルサルトは
今日は仕事の1日

3月に開催したオーダー会の
フィッティング確認のため
小松にむかう特急のなかで
このブログを書いています

小松にいく特急は
山のなかをはしるので
電波状況が安定しません・・・

京都をこえたあたりから
切れたり繋がったりを
くりかえしています

電波が切れるたびに
私もキレる(怒)

普段はすごく
ありがたい環境なんだなと
失ってはじめてわかりますね・・・

◆失ってはじめてわかるもの

失ってはじめて
その大切さがわかるもの

それは・・・・

靴ヒモ

靴ヒモって普段は
その大事さにきづきません






 靴ヒモをきちんと結ぶことで
 足をしっかりとホールドして
 疲れを軽減してくれる

 美しく靴ヒモを結ぶだけで
 非常にエレガントな印象になる

 靴ヒモが切れてしまうと
 しっかりと歩けなくなる

 靴ヒモの色を変えただけで
 印象がまったく変わってくる







などなど
足元からビジネスを支えているのが
靴ヒモなのです

◆靴ヒモでサイズがわかる

たまに靴ヒモを緩めずに
脱ぎ履きする人を見ますが
これは靴のサイズが
合っていない証拠




ジャストサイズの靴は
靴ヒモをゆるめないと
脱ぎ履きできません

また靴ヒモを緩めずに
脱ぎ履きをすることで
靴自体が傷んでしまいます




だから必ず
靴を脱ぎ履きするときには
ヒモを緩めてください

ジャストサイズの靴は
靴ヒモを緩め履いたときに
空気のぬける音がします

シュッと鳴るのですが
この音がジャストサイズかどうかを
教えてくれるサインなのです

◆靴ヒモにも種類がある

靴ヒモは使っているうちに
ちょっとモケモケしてきて
ふるびた感がでてきます

こんなときには靴ヒモを
つけかえてください
この靴ヒモには

まるい
平べったい

の2種類があります




まるい
→カジュアル靴

平べったい
→ドレッシーな靴



ドレッシーな靴に
まるい靴ヒモのひとを見かけますが
これは非常にバランスがわるい

お刺身にマヨネーズかけるくらい
ありえない組み合わせです

ドレッシーな靴には
かならず平べったい靴ヒモ
これは鉄則です!



たかが靴ヒモですが
されど靴ヒモ


ただしい靴ヒモをえらび
足元からしっかりビジネスを支え
今日もいい仕事をしましょう!

そろそろ小松につきます
しっかりと仕事をしてきます!

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。