トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年5月3日

めざす仕立て屋は、織部悠さん

vol.5629   





GW3日目
みなさまいかがお過ごしですか??

私は早朝からゴルフ
なんと5時40分スタートという
始発組でラウンドしてきました


やすみの日に
4時起きしてゴルフするなんて。。。


人間変われば変わるもの
この変化に一番ビックリしているのは
私自身ですw

やはり楽しいことや好きなことだと
身体も自然とうごきますねーーー



ん・・・
でも仕事にいく日の朝は
必死のパッチで起きている・・
仕事を楽しいと思っていないのか・・


いやいやそんなことはないはず・・・
でもゴルフいくときみたいに
ワクワクしながらは起きてないなあ・・

◆仕事の楽しさとは?

仕事の楽しさって
変わってくると思うのです




起業当初は
素敵なスーツが仕上がれば
すごくたのしかった

仕事に慣れていないうちは
相応しいスーツが仕上がり
お客さまに喜んでもらえたら
すごく楽しくシアワセでした

いまもそれは変わりませんが
経験を積みチカラがついてくると
それだけでは満足できなくなる





どんな仕事をしていても
そうだと思うのです

自分のレベルがあがれば
さらに上を目指したくなる




素敵なスーツがしあがり
それを纏ったお客さまの人生が
よりよくなっている




私の場合であれば
そこまでの仕事をしてはじめて
本当の満足を得られる気がします

◆目指す姿とは?

IL SARTO
という名前に込めた思いがそう

IL SARTOはイタリア語




IL→英語のTHE
SARTO→英語のTAILOR




THE TAILOR
「仕立て屋そのもの」の意味

お客さまを
理想の姿に仕立てあげたい


そんな思いをこめました



理想の姿とは
服だけではなく生きざますべて

こんな人間になりたい!
という思いをサポートするのが
イルサルトの役割です




私の理想は漫画
「王様の仕立て屋」織部悠

仕立てる服をとおし
お客さまの人生を
見事にかがやかせていくのです

織部悠にくらべたら
出来ていないことが
まだまだあります





 本質をみぬく
 ヒアリング力

 ヒアリングした内容を
 カタチに変える提案力

 仕上がったあと
 寄りそい応援する姿勢





こうした仕事の質を
あげることに
終わりはありません

お客さまにさらに喜んでもらい
自分も充実感をかんじられる

そのためにできることを
しっかり考えて
実践していきたいと思います!

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。