トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2021年7月4日

経営者は、効率を追求し非効率をたのしもう!

vol. 5691   




東京で先日開催したセミナー
ひさびさのリアルセミナーで
気合をいれすぎてしまい
つくったスライドが180枚!




2時間どころか
半日話せるくらいの分量・・・




完全に分量をまちがえましたが
2時間にギュギュっと凝縮し
全力でお話させていただきました!

なかなかいい内容だったなと
自分でも思える手応えがありましたが
数日して参加されたかたから
手書きのお手紙をいただきました

便箋3枚に
ぎっしり書かれたお手紙!


いやーー感激しました(^o^)


やはり気持ちを伝えるのには
手書きにまさるものはありません

このデジタル全盛時代だからこそ
アナログの価値が高まっているのを
かんじました!

◆時間と手間

お礼の気持ちを伝えるときに
一番カンタンなのは
ライン、メッセンジャー、メール
いまはこれらがほとんど

そして印刷された手紙に
名前だけ自筆のものもあります

なにより手間がかかるのが
今回のように全てが手書き
封筒、便箋を用意して手書きし
切手を貼って投函する

メールをするだけに比べたら
ものすごい手間がかかります
もし書き間違えたりしたら
書きなおしも必要になります

また手紙を書くときは
集中してかくので
時間も必要になってきます



効率だけをかんがえたら
わるいかもしれません



でも時間も手間もかけて
わざわざしてもらっているのが
すごく嬉しいのです!!

◆バランスが大事!

効率、費用対効果
そんなものでは測れないことが
たくさんあります


リアルよりもバーチャル
アナログよりもデジタル


なんだかそんなふうに
なってきていると感じるのですが
やはりバランスが大事だと
私はおもうのです



効率を追求する部分と
非効率を楽しむ部分




この切り替えを意識し
イルサルトを進化させていきます!

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。