トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2015年4月23日

経営者の身だしなみ、まず初めに投資すべきは靴

経営者にとって身だしなみとは消費ではなく投資、そんなお話を昨日ブログに書きました。

昨日の記事はコチラからどうぞ!

では投資をする上で順番をつけるとすれば何からした方がいいのか??

勿論上から下まで全て投資するのがベストなのですが、人それぞれ状況が違うと思いますのでボクが考える順番をつけさせて頂きますね!

まずは靴に投資しよう!

ボクが考えるのは靴なんです、その理由は最も費用対効果が高いからなんです

2014-11-13 15.21.44費用対効果が高い理由

◆大切に手入れすれば20年30年履く事が出来ます!

上質な革は磨き込めば磨き込むほど光沢が増していきます。靴以外のアイテムは買ったばかりが一番美しい状態です、手入れすることによってその劣化のスピードを落としていくのですが靴の場合は別です。

きちんとシューツリーを入れ、定期的に磨いてあげるとどんどん艶が増していき味が出てくる。靴とはそういう物なんです。

◆スーツを価格以上に見せる効果があります!

いくら上質なスーツを着ていたとしても靴がダメだと全てが台無し、その上質なスーツは上質には見えません。

逆に言うとさほどでもないスーツを着ていたとしても上質な靴を履いていると全体の完成度は一気に上がり、スーツを価格以上に見せてくれる効果があります。

それとかきちんと磨かれている靴を履いているだけで非常にキチンとした印象を与える事が可能です。

◆質と価格が最も正比例しています!

上質な革を使用した靴はそれなりの価格がします、価格が安い靴の革はさほどではありません。

スーツの場合はブランドの名前がついた瞬間に価格が跳ね上がる事が良くありますが、この質と価格が最も正比例しているのが靴と言えるんです。

◆足元は意外に見られています!

足元を見る、そんなコトバがあるように足元って意外に見られているんです。ホテルマンがそのお客様を見極める上で最初に見るのが靴、そんな有名なお話もありますが思っている以上に目立つのがこの足元です。

いくら位の靴を買えばいいの??

投資するのは分かったけどではいくらくらいの靴を買えばいいのか???

これはボクの考えですが最低でも30,000円、出来れば50,000円以上の靴を買われる事をオススメします。

写真 2015-04-21 10 43 45

 

ボクは靴が好きで今までに100足以上の靴を履いてきました。

価格で言えば10,000円くらいのものから200,000円くらい、ブランドもイタリア、イギリス、フランス、日本と様々なものを履いてきた結論なのですが、30,000円以下の靴は買った時が一番キレイでいくら磨いても光沢は出てこないんです。

でも50,000円以上の靴は磨けば磨くほど艶と光沢が出て、経年の味がどんどん出てくるんです。

写真 2015-03-04 16 31 08

この靴はもう20年以上履き続けているイタリア シルバノマッツアの靴、52,000円で購入しました。

30,000円以上出来れば50,000円以上の上質な靴を大事に履く事で信頼感も劇的に上がります。

上質な靴を買うと自然に大切にしようと言う気持ちが湧き出てきて、自分で磨くようになったり、雨の日に履かなくなったり、歩き方にさえ気をつける様になります。

服や靴はその人の所作にも影響をあたえるもの、モノを大切にしようとすると所作も自然と丁寧になるもの、最初はぎこちないかもしれませんがその内それが自然になってきます。

是非そんな視点で靴を選ぶようにして下さいね!!

 

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。