トップへ
ブログロゴ

ボクの履歴書 vol.8(阪神大震災の年にワールド入社)

末廣徳司の履歴書も8回目。今までの履歴書はコチラからご覧下さい!

大学4年生。ボクはそろそろ就職活動を始める頃でしたが実は小学6年生の時に入る会社を決めていたんです。

t02200330_0359053812845989876

神戸にあるアパレル企業 ワールド

小学校6年生の時に両親に神戸に連れて行ってもらい、ワールドの1階にあったカフェでランチをしたのですが、そこで働くワールド社員があまりにも格好良くみえたんです!直感的に ”この会社に入りたい!” そう思いました。

そして就職活動はワールドに入る為の就職活動。

うちの大学かどうかは関係なく30名近いワールド社員にOB訪問して色々なお話を聞きました。当時は全国のある専門店に商品を卸すのがワールドのメイン業務でしたが、仕事の内容ややりがいについて色々なお話を聞きました。他の会社の人も色々会いましたが、ワールドの社員はとにかく元気!(後にそれが自分を苦しめる事になるのですが・・・)ボクはどんどんワールドに惹かれていきました。

面接でどんな事を聞かれるか?どう面接が進んでいくかも全て聞いていたので、色々な課題が出たりしたのですが事前に全て分かっていたので焦る事なくクリアし、無事にワールドの内定を頂く事が出来ました。

しかし入社数ヶ月前の1/17,あの阪神大震災が起きました。ワールドは被災地の中心地と言っても良いポートアイランドに本社を持つ会社です。

その日ボクはいつもと同じようにユナイテッドアローズ渋谷店で働いていると、藤川洋店長が”関西で大きな地震あったようだぞ”と教えてくれました。テレビを見ているとどんどん被害が広がっていく・・・。ボクの入る会社は大丈夫なのか???不安だけが大きくなっていきました・・・・。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive