トップへ
ブログロゴ

ジャンルソーの長財布をオーダーしてきました!

うちの奥さんが鑑定に行って聞いてきたのですが、ボクはウロコ柄の財布を持つと運気が上がるみたいなんです。

あまり普段占いとか鑑定とかにはあまり興味がなかったのですが、何か今回は聞いてみようかなと思ってウロコ柄の財布を探し始めました。

今使っているのは牛革の型押し、なのでウロコ柄と言えばアリゲータかなと思い色々と見てみたんです。

ボクの求める財布の条件は

◆ウロコ柄(アリゲータ)

◆光沢がなくマットな質感の革

◆長財布

◆厚みが出来るだけ薄い

◆どこのブランドか一目で分からないもの

◆小銭入れがないもの

なんです。光沢のあるアリゲータは確かに高そうに見えるのですがちょっとギラギラした感じで苦手です・・

で今までは折り畳み型の財布なんかをよく使っていたのですが、お金をキレイに入れると言う意味で長財布がいいかなと思っています。

特にブランドにはこだわらないのですが、パッと見てどこのブランドなのかが分かるロゴマークとかが入っているのも×です。

 

そんなこんなで色々な財布を探し始めたのですがなかなかありません。

そしてようやく見つけたのがこのジャンルソーの長財布

写真 2015-07-01 17 04 30

マットな質感のアリゲーターで、革の質感も◎そして薄型の長財布、カンペキです!

しかも20種類ほどある革見本の中から好きなのを選んでオーダー出来て、通常の財布と価格も同じ!

写真 2015-07-22 16 57 59

最後は赤、紺、グレーの3種類で悩んだのですが・・・・一番上品そうに見えるグレーに決めました!

仕上がりまでは約3か月!10月末くらいの仕上がりみたいです。

財布をオーダーしたのも初めて、アリゲータの財布を持つのも初めてなのですごく楽しみです!!

これで運気上がるの間違いないですね~~(^-^)/

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive