トップへ
ブログロゴ

質問コーナー)どうやって集客したら良いのですか?

商売をしていると、どうやって集客するのか??って永遠のテーマですよね。

ボクも日々そんな事を考えているのですが、イメージトレーニングの尾碕里美先生がすごくいい記事を書かれていたのでシェアをさせて頂きますね!

写真 2014-12-09 23 22 06昨年、尾碕里美先生の経営者塾に参加し”イルサルト10周年記念パーティ”の企画が始まったんです(^-^)/

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

先日の講演会で、様々な質問がありました。

お店をするのにどう集客したら良いのか?などなど・・

 

集客について、七田厚さんから

「まずは、あなたが楽しむ事です!」と。

そうですね。楽しんでいるところに人は集まりますね。

 

私は「まずはあなたが自分を愛するところから」と答えました。

自分を愛すると他人からも愛され、自分も他人を愛する事ができるからです。

 

左脳は、正しいか間違っているか?損得、知識で選択しますが、ハート、直観、右脳で選択する事。

それは自分だけではなく、相手にも。

 

そして、お店を出した時など、何か自分が新しい事を始まるときって、

最初に来てくださるのは、友人達など過去関わった人ではないかと思います。

 

今年で20周年ですが、最初のセミナー開催は、40名でした。

その40名は、ほとんど友人達でした。今、39500円ですが、当時22万。それでも「尾崎さんがやるんだった行く!!」と、全員即決で。

 

それは、今までの関わり、関係性でした。

 

急に1日で関係ができるのではなく、長く関わりながら出来た信頼です。

 

そしてね。私が今まで支援したり、助けたり、喜びを与えたり、

相手に対して誠実に関わったり、応援してきた人でもあります。

 

私は思う。何か新しい事を始める時、友人に伝えた時が、

今までのその人との関わりが全てわかる!と(笑)

 

今回のチャリティーイベント250名の優先受付もすぐに満席でしたが、もう10年以上も関わって来た人達です。信頼ですね・・

1日でできた信頼ではないんです。

そして、友人達のチャリティーにも必ず寄付します!

今年だけでも植林など、色んなところに寄付してきました。

ケタが1桁違うと驚かれる事も(笑)

孤児院で育った人の18歳から住める場所を提供している未来ちゃんに寄付をしていたら、3日前に、そこに住んでいる女の子からお手紙も頂きました。

 

まずは、今、関わっている目の前の人を大切に!

あなたが誰かを応援したら、必ず自分も応援される時がくる事でしょう!!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

これは本当にその通りだと思います。

自分を愛する、楽しむ、目の前の人を大切にする!

ボクの周りの商売繁盛している経営者の皆さんはこの3つは間違いなく共通をしている部分だと思います。

売上や粗利と言った数字も勿論すごく大切ですがそれらの数字はあくまで結果であって、最初から数字を狙うと色々な物が狂い始めます。

仕事の本質は誰かのお役に立ったり、悩みを解決する事、その代価が売上と言う数字です。

又信頼関係と言うのは一朝一夕で出来る物ではなく、時間を掛けながらすこしづつ出来上がっていくもの。

信頼関係が出来上がって初めて商売が成り立つから、売上が上がるまでに時間が掛かる時代なのかもしれません。

でも愛情をかけてコツコツと育ててきた時間は裏切る事はありません。

だってそうやって時間と愛情を掛けて継続できる事って自分が本気になれる事しか出来無いと思うんです。

仕事をしているとどうしても”楽しむ”って言う気持ちを忘れてしまう事がある、仕事を楽しむなんて不謹慎だ!ボクは昔そうも思っていました。

でも自分が楽しまないとお客様を楽しませる事なんて出来ません、これは真理です。

自分が好きでもないものを売る事が出来ないのと同じ事です。

思い切り楽しもう!

だからまずは自分が思いきり楽しむ、お客様は一緒に楽しむ仲間。

そんな楽しいコミュニティが出来れば勝手に集客がされていく様に思います。

だって人って楽しいところに集まってきますもんね。

そんな楽しいコミュニティをイルサルトも作っていきたいと思います!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive