トップへ
ブログロゴ

一貫性のある発信は信頼に繋がっていく

仕事をしていく上で大切な事は色々あると思うのですが,中でもボク自身が大切だと思う事の一つは”立ち位置をぶらさないと言う事なんです。

立ち位置をぶらさない。

言い換えれば顧客をセグメントするとか,誰のお役に立ちたいのか?とか色々な言い方をする事が出来るのですが,要はそういう事です。

ターゲットによって伝わるコトバは違う

立ち位置をぶらさずにターゲット顧客が明確になれば,使うコトバや表現方法が変わります。

ターゲット顧客に伝わりやすいコトバを使うと,価値が伝わりやすくなりますが,伝わりにくいコトバを使うと

価値が伝わらない→違いがわからない→存在しないのと同じ→選ばれない→売れない。

例えばボクがアパレル専門用語ばかりを使って情報発信をしたとしたら,イルサルトに来られているお客様の多くは意味が全くわからないと思います。イルサルトのお客様は,中身を磨いているのに外見の磨き方が分からない人,立場上きちんとしたスタイリングをする必要があるけどどうしたらいいのか分からない人なんです。

だからそういった悩みを持つお客様に伝わりやすい様に出来るだけ専門用語は使わない発信をするように心がけています。

ぶらさない立ち位置は信用に繋がる

そうやって常に自分の立ち位置を意識した一貫性のある発信を続けているとそれがやがて信用に変わっていきます。

会うたびに違う事を言う人よりも常に同じ発信をする人の方が信用されるのは一貫性があるかないかの違いだとボクは思っています。

とは言え仕事を続けていると,ついついこの立ち位置をぶらしそうになる事が多くあります。

これはボク自身の経験している事でもあるのですが,自分ではぶれているのってなかなか気づきづらいんです。

でも他人から見ると何か違和感を感じるからすぐに分かる事も多い。

11988465_759856757457983_3611370144270083467_n

なんで今日こんなブログを書いているのかというと,昨日ボクのファッションの師匠である鴫原弘子さんとほめる達人ことほめ達!西村貴好さんのお二人にお会いしてそんな事を又実感したからなんです。

鴫原さんも西村さんも以前からおっしゃられる内容が全く変わらない。

自分に何が出来るか?

誰のどんなお役にたてるのか?

自分は何者なのか?

をしっかり理解しているので,相手に届くコトバを選び分かりやすく使える事ができる。

”立ち位置が明確な人のお話は伝わるし,立ち位置が不明確な人のお話はなかなか伝わりにくい。聞いていてそんな事を感じました。

これは日々の仕事でも全く同じです。

常に自分の立ち位置はどこなのか?ぶれていないか?そんな事を常に意識しながら仕事をしていきたいと思います。

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive