トップへ
ブログロゴ

そろそろ衣替えの季節!夏物をクリーニングする時は水洗いを指定してください。

10月中旬に入り、朝晩はかなり涼しいと言うか寒いくらいになってきましたね、

そろそろ夏物をクリーニングに出して衣替えをする季節ですが

この夏物→秋物に衣替えをする時に是非知っておいて欲しい事があります。

それは夏物は必ず水洗いクリーニングをする事!

同じマーケティング塾で学ぶクリーニングの達人、クリーニングBEEの壁下陽一社長が昨年の今頃に発行した”洗濯ウオーカー”

この中にも水洗いの重要性が書かれています。

o0480064013089174085

”何故?クリーニング屋さんは衣替えの時期に水洗いクリーニングをオススメするのか?”

 

そんなテーマでした。

o0480036013089174078

このブログの中でも何回か書いている内容なのですが、

夏場のヨゴレの大半である「汗」「ニオイ」は油で洗うドライクリーニングでは落ちないのです。

そこで水洗いをする事により「汗」「ニオイ」はキレイに落ち、

そして、汗染みや黄ばみを防止することが出来るんです!

夏に着た服は思っている以上に疲れ切っています。

強烈な太陽光線を浴び、汗をかいてその湿気も完全に抜けきっているわけではありません。

次のシーズンも気持ち良く着るために、水洗いクリーニングをして服を労ってあげて下さいね!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive