トップへ
ブログロゴ

水木しげる幸福の7ケ条

先日漫画家の水木しげるさんがお亡くなりになりましたね。

享年93歳

やりたい事は全てされて天寿を全うされた、そんな生き方だったのではないでしょうか?

でも水木さんがお亡くなりになられても

生み出された漫画はこれからも生き続けるし、

その漫画が有る限り水木さんが亡くなる事はありません。

人間2回死ぬと言われていて

1回目の死は,生命体としての死

2回目の死は,その方の事を話す人がいなくなった時

例えば徳川家康は何百年も前に亡くなった方ですが

未だに2回目の死は迎えていません。

なんかこんな風に生きれると良いですね、

人間の致死率は100%なのでいつか絶対に死にます。

でも自分の天命とか生まれてきた意味とかを考えるだけで

人生って少し違った物になる、私はそう思います。

折角の1回の人生なので生ききりたいですね~

水木しげる幸福の七カ条と言うのが載っていて

すごく共感出来たので紹介させて頂きます。

写真 2015-12-02 8 10 30中でも共感出来たのは第二条の

しないではいられない事をしつづけなさい

これは独特の表現ですね、

しないではいられない事って気付いたらしている事、夢中になれる事、好きな事。

でもこれってすごく真理だと思います。

しないではいられない事って勝手に上手くなるし

例え失敗をしたとしても失敗とも思わない

練習も全然苦にならない

上達しない方がおかしい(笑)

水木さんも漫画を書くのが好きで好きで仕方なかったんでしょうね。

好きな事をして人に喜ばれる人生

すごくステキです!

私もそんな人生を生ききっていきたいと思います。

水木しげるさんのご冥福をお祈りいたします。

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive