トップへ
ブログロゴ

コートを背もたれにかけるのはルール違反です!

寒い日が続いていますね~

今朝の神戸は5度!

お昼は12度くらいまではあがる様ですが

これだけ寒いとコートを着ている方が殆どだと思います。

たまにコートを着ずに歩いている方なんかも見かけたりするのですが寒がりのボクには考えられません・・・

年末でこれから得意先回りをする方なんかも多いと思いますが

今日はコートのマナーについてお話しをさせて頂きたいと思います。

コートを着て訪問先でこんな事をした事は有りませんか???

AIRY6767

 

椅子の背もたれにコートをかける。

実はこれマナー違反なんですよ!

コートは基本的に外で着る物、

雨風が直接当たるコートは汚れていてキレイではないもの。

基本的にそう言う認識を持ってください!

そしてそのキレイでないコートを椅子にそのまま掛けるのは

相手にとって失礼に当たる行為なんです。

ではどうしたらいいのか??

AIRY6774

 

正解はコチラ!

コートを一旦裏返しにして畳み

おしりと椅子の背もたれの間に

置いておく。

これが正しいマナーなんです。

マナーって知っているかどうかだけの違いですが、

知らないうちに相手に失礼な事をしていたり、

自分の知識不足が恥をかいてしまうのはすごくもったいないことです。

コートにはこんなマナーもありますので是非覚えて置いて下さい!

ダウンコートや分厚いコートなんかは畳むことがなかなか難しいので、

お客様を迎える側の立場の方はコートを預かってあげるようにしてあげてくださいね!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive