トップへ
ブログロゴ

SNSは気がつくと大きく差がついているから恐い

藤村正宏先生のマーケティング塾で学ぶ仲間であり、同じくワールドのOBである坪井秀樹さんが先日こんなブログを書いていらっしゃいました。

※SNSは気がつくと大きく差がついているから恐い

読んで頂けましたか??本当にその通りだと思います。。

SNSが出てきた事によって、ビジネス環境や人間関係が大きく変わったような気がします。久々に会った友人でも”最近どうなの?” なんて聞く事はまずありません。SNSをしている人達なら何をしているのがが分かるので、”この前フェイスブックに投稿してた~っていいよね!”とか、実際に会っていなくても距離感がないし、常に身近に感じられ、久々に会っても久々という感じもしません。

でもその可能性に気づいていない方もまだまだ多い。SNSをやるかやらないかは個人の判断なので、それについてはとやかく言うつもりは全然無いのですが中小起業経営者や個人事業主にとっては、自分の存在を知らしめ、お客様や友人と交流出来るこれ以上ないツールだとボクは思うんです。

坪井さんのブログの中でボクが特に響いたのはこの部分。

「パソコンやスマホだけで仕事はできない。実際に身体を使うことが大事だ。」と言うのは知っています。当然です。でも、それを言う人は、SNSをやっていません。やっていて言うのであれば分かりますが、やっていなくてそう言っているのです。SNSをやっている人は、身体を実際に使ったその上でSNSをやっているということを知らないのです。「スマホで商売できるなんてあり得ない。甘い。」と、酒でも飲みながら、具体性のない経営談義をさんざんしている間にSNSで発信している人はしているのです。疲れてグースカ寝ている間に、その時間にSNSで発信しているの人はしているのです。それを知りません。

そうなんですよね、SNSに限った事ではないのですがやっている人はやっている。すぐに効果が出ない、でも継続する事が価値になったり、信用になる事を知っているから継続してる。ボクの周りの成功している経営者さん達は例外なく ”継続している事” があります。それが紙媒体のニューズレターの方もいれば今回のSNSの場合もある。毎日社員とラジオ体操をしている人もいる、それは人それぞれ。疲れてようが、忙しかろうが、酔っぱらってようがつべこべ言わずにやる事はきちんとやる。日々の違いは微差でも、そのまま時間が過ぎれば埋めようがない大差に変わります。

そんな事の大切さを坪井さんのブログを読んで改めて認識しました。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive