トップへ
ブログロゴ

経営者の一番大切な仕事とは?

今週水曜日はサロンを閉め、スタッフ三人でセミナーに参加をしてきました。

写真 2016-01-27 10 29 28

参加をしてきたのは

マーケティングコンサルタント松野恵介さんとイメージトレーニングの第一人者 尾崎里美さんのコラボセミナーです。

朝11時から夕方19時までの1日セミナーだったのですが時間が一瞬で過ぎていきました。

松野さんの話も尾崎さんの話も今までに何回も聞いているのですが

聞く度に色々な気づきがあります。

それは恐らく自分の状況が時間が経つにつれ変わっていくので

刺さるポイントもその都度変わっていくからなのだと思います。

経営者の一番大切な仕事とは?

今回最も刺さった部分が、経営者の一番大切な仕事とは?と言う部分です。

尾崎里美さんのお話では経営者の一番大切な仕事は

社員の才能を見抜く事

でした。これには深く共感しました。

でも以前であればさほど共感はしなかったと思います。

昨年の今頃は、イルサルトは池田と私の2名でした。

その頃経営者の一番大切な仕事とは売上を作る事や売れる仕組みを作る事でした。

当たり前ですが自分がトップセールスマンである事がそのまま会社を存続させる事に繋がっていたからです。

しかし状況が変わり今イルサルトは4人体制になりました。

写真 2016-01-19 16 27 29

社員の才能を見抜く

今までは私の個人プレーで成り立っていたイルサルトが

これからは組織としての力をつけていく必要があります。

組織としての力をつけるためには

まずはそれぞれの個人がプロフェッショナルになり

お互いを補完しながらエンパワーメントしていく事が大切です。

個人がプロフェッショナルになるためには

それぞれの個人の個人の長所を最大限に伸ばすこと。

経営者が個人の才能を見抜き、才能を開花させる様な仕事をさせる事が非常に大切です。

写真 2016-01-27 11 33 51

人の悩みはありません

昨日セミナーの中で

”人に関する悩みがある人は手を挙げてください!”と言う問いに

多くの経営者の皆さんが手を挙げていました。

社員のモチベーションが低いとか、思うように働かないとか

色々な理由を述べてらっしゃる方が多かったです。

でも私にはそれが無いのです。

淀屋橋サロンの池田、植木、そして名古屋サロンの高田さん

3人とも性格も人間性も頭もルックスも良いし、本当に素晴らしいスタッフなので全くストレスを感じません。

あとは私が3人の才能をどう引き出しチームを作っていくのか?にかかっています。

そしてもう一つは又違うタイプのスタッフを入れる事で組織を活性化させて行きたい

そう考えています。

才能を引き出す為にスタッフと更にコミュニケーションを取り

お客様にとっても最高の時間を提供出来るように頑張っていきたいと思います。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive