トップへ
ブログロゴ

経営者のスーツはメディアである

経営者の服はメディアである

経営者の服はただ単にオシャレの為だとか着飾るためのものでなく,自分自身や企業ブランドを作り上げていくためのメディアである。私はそう考えています。なので一般の方とは服選びをする基準がまるで異なるのです。

Steve-jobs-apple

経営者の服がメディアになる。この最も分かりやすい例がアップルのスティーブジョブズさん。ジョブズさんがどんな装いをしていたのか?はパッと頭に浮かぶ方が多いと思います。

例えばジョブスさんが時にはアロハシャツ,また時にはスーツを着ていたらどうでしょう?今のアップルの企業ブランドは出来上がったと思いますか?

私はそうは思いません。ジョブスさんは会社がどんな状況であれ,同じ服を着続ける事で変わらない自分のメッセージを送り続けていたのです。テレビやインターネットを通して世界中に配信され続けることで人の記憶にどんどん刷り込まれていく。

色と形をうまく活用する

人の記憶に残るのは色と形です。どういう事かと言うと,たとえ形が変わっても色が同じであれば人の記憶に残りやすく,色が変わっても形が同じであれば人の記憶に残りやすいという事です。

もう少し分かりやすく言いますね。私は自分が仕立て屋ですし又ファッションが大好きなので色々な服を着ます。でもどんな服を着てもいつも”末廣さんらしいね”と言われるのです。

これには秘密があって私の持っている服は全て同じサイズなので,例え色が変わったとしても形が同じなのでさほど印象が変わらないのです。

ただ一般の方はすべての服を同じサイズにするのはなかなか難しいので,その場合はテーマカラーを決めて形ではなく色を統一することで人の記憶に残りやすくすることが可能になるのです。

2016-03-14 12.22.57

ネクタイの色をテーマカラーにするのがオススメです!

各地でセミナーも開催しています

経営者の服はメディアになる。この考え方はまだまだ浸透していないのですが,私のお客様でその考えで服を選ぶようにすると成果が大きく上がった方がどんどん出始めたので,少しでも多くの方にこの考えをお伝えしたいと思い各地でこのセミナーを開催しています。

昨日はCMで有名な司法書士法人 新宿事務所さんで経営者向けのセミナーを開催させて頂きました!

写真 2016-08-19 17 53 11

写真 2016-08-19 18 16 58

写真 2016-08-19 19 58 18

最近では年に30回近くのセミナー依頼を頂く様になったのですが,人前でお話をするって本当に楽しいですね!自分の知っている知識が人のお役に立てると言うのも本当に嬉しい事です。

うちの会社でもセミナーをしてほしい!仲間内の勉強会でセミナーをしてほしい!そんなお問合せは大歓迎ですので,興味の有るかたは

info@ilsarto.net

まで”セミナーの件で”とお問い合わせくださいね!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive