トップへ
ブログロゴ

着心地の良いスーツがきちんとした経営者に見えるとは限らない

ビジネススタイルにはセンスは要らない,必要なのはキチンと見える着こなしのルール

私はそう考えています。そしてキチンと見える着こなしのルールの中で最も大切なのが ”サイズ感” なんです。でも残念ながら世の中の多くのビジネスマンはサイズが合っていなくだらしなく見えてしまう。そんな残念な結果になってしまっています。それには何個か理由が有るのですが最も大きな理由は、服というのは見た目と着心地に差があるからなんです。

カンタンに説明しますね。

自分で着た時に少し余裕のあるサイズは人から見た時に大きく見えるものなんです。という事は。。。自分で着た時にゆったりしているサイズは人から見るとガバガバに見えてしまいます。。。逆に自分で着た時に少し窮屈に感じるサイズが人から見ると非常にきちんとしたサイズに見えるものなのです。

14670903_1160591260686664_6290506534837703334_n

服は自分の着心地と他人からの見た目には差がある

そんな事を教えてもらったのは私がユナイテッドアローズで働いている1991年頃でした。スーツの知識が全く無い私に当時の藤川店長がこれが末廣さんのジャストサイズだからと渡された時の窮屈さは忘れることが出来ません。“きついなー肩がすごく当たっている感じがする。。何これ?!?!”今まで着ていたスーツと全然違う~~すごく窮屈な感じがする。。これは随分サイズ小さいのではないか?”と言うのが私の第一印象でした。

でも鏡で見たらサイズが合っているような気もするけど正直良くわからない。そんな印象を持ちました。

しかしスーツに関してずぶの素人だった私はそのアドバイスをそのまま受けいれそのサイズを着続けました。そうするとどんどんそのサイズ感に慣れてきて、最初は動きにくかったのが慣れて動きやすくなり、そのサイズのスーツを着た時にだけ人から褒められる事も多くなり、“正しいスーツのサイズ感”がどんどん身体に染みついていったのです。それから自分の肩幅が40センチと言うのが分かり、スーツを選ぶ際にも全く迷いが無くなりました。

その時に分かったのです、自分の感じる着心地と他人からの目には差がある事を

ジャストサイズのスーツを着るメリット

ジャストサイズのスーツを着るメリットは実はもう一つあります。それは肥満の抑止力になると言う事です。ジャストサイズのスーツは食べ過ぎるとお腹の部分がきつくなってくるので過食を防ぐことが出来るのですが,大き目のスーツは多少食べ過ぎてもお腹部分がきつくならないので気が付いたら過食をしてしまい結果太ってしまうものなのです。

少しきつめのサイズが実はきちんとしたサイズである。そんな事も意識しながらスーツ選びをしてくださいね!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive