トップへ
ブログロゴ

イルサルト10周年記念パーティをどうしても実現したい理由

2009年2月21日にイルサルトを立ち上げたのですが,今から2年後の2019年に創業10周年を迎えます。10周年を迎える2019年2月24日(日)にビルボードライブ大阪にてイルサルト10周年記念パーティをしたい。そんな事を今から4年ほど前に思いつきました。

写真 2015-07-21 10 31 11既に会場の下見は済ませ予約も入れています!

写真 2015-06-04 23 02 11

大好きな綾戸智恵さんにも記念ライブの快諾を頂きました!

周年記念パーティなんてしなくてもいいんじゃないの??自己満足になってない??色々な事を言われるのですが私は誰に何を言われようともこのパーティを実現したい理由があるのです。今日は少しそんなお話をさせて頂きますね。

2009年の創業以来8年間ブログ,フェイスブック,ツイッター,メルマガ,インスタグラム,ニューズレターなど様々なメディアを使い情報発信を続けてきました。又仕事に対する情熱も全く変わることなく常にモチベーションも高いままです。これは起業する前の私と比べると考えられない変化なのです。

何故そんな風に仕事に取り組めているのか?

その理由が”自分の一番好きな事を仕事にしているから”だと思っていたのですが,どうやらそれだけではない事に気づきました。勿論好きな事を仕事しているからと言うのも大きな理由ですが,一番大きな理由は”親への感謝”なのです。

ワールドを退職し私は父親の会社に入社したのですが大手企業でそれなりの結果を出していたのでそのころ私は自信満々でした。カンタンに父の会社の売上なんて上げられる!私はそう考えていたのですが現実はそんなに甘くなく,やる事がことごとく上手くいかず売上もどんどん下がっていきました。

でもそんな時も私は自分に原因があると思わず全てをスタッフの責任にしていたのです。その後も売上は下がり続け,仕事は上手くいかず半分ノイローゼ気味だった時に藤村正宏先生に出会いイルサルトを立ち上げました。最初は父の会社と並行してやっていたのですがイルサルトの仕事が忙しくなり半年後にはイルサルトの仕事だけをする状態になりました。

そして今から4年ほど前に両親に事業を継がない決断を伝えました。10周年記念パーティの開催を思いついたのもその頃でした。

私の傲慢さから売り上げが落ちた時もイルサルトを立ち上げる時もイルサルトの仕事に専念する時も継がない決断を伝えた時も両親は何も言わずに私の好きな様にさせてくれました。自分が困った時だけお世話になっておきながら,好きな道が出来て軌道に乗った瞬間に自分の好きな事に専念する。本当に自分勝手で義理を欠いている行為です。

しかし私の気持ちを最優先し好きな事を好きなだけさせてくれた事に感謝の気持ちしかありません。

2人の親に育てられた子供が立派に世の中に通用する人間になったのを証明する為。そして多くの方のお役立ち出来て喜んで頂けている姿を両親に見せる為。私が10周年記念パーティ開催にこだわる理由がここにあります。会場のキャパを考えると当日ご招待可能な人数は約350名,今の会社ではそんなに大きいパーティを開催出来る状態ではありません。

しかし時間はまだあと2年あります,この2年間でしっかりと成長し10周年記念パーティを実現させたいと思います。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive