トップへ
ブログロゴ

靴を長く履きたいならこの2つは厳禁です!

以前のブログの中で何回か書いているのですが、きちんとケアをしたら最も長持ちするのが”靴”なんです。そして価格と品質が最も比例しているのも靴。それなりの価格の靴はやはりそれなりの品質の革を使っていて、磨けば磨くほど光沢が美しくなります。逆に品質がイマイチの革の靴は、買った時が一番キレイでいくら磨いてもキレイになりません。

t02200293_0480064011973927349

これは1995年に購入したエドワードグリーンの黒Uチップ。この靴もすごく大事にしているので今もピカピカです!20年選手の靴は何足か持っています(^_^)

でもこれには条件が一つだけ有って、金額で言えば大体3万円以上の靴の場合に限ります。

ボクは靴が好きで今まで100足近い靴を履いてきましたが、3万円以下の靴は革が上質ではないので長持ちしません。クリームで磨いても全然キレイにならないし、色の奥行きというか深みが全然出てこないんです・・・。この条件に当てはまる靴なら10年は軽く履く事が出来ます。(勿論例外はあります。。。イタリアの高級靴でもダメなのもありますね・・・・名前は出せませんが)

でも中には2年くらいでボロボロになってしまう人もいます。

この違いはどこにあるのでしょうか?

靴のキレイなお客様、そうでないお客様に色々聞いたところ、段々とその理由が分かってきました。大きくは2つあります。

◆ローテーションを守っていない。

カンタンに言えば履いたら数日は休ませてあげる事です。いくら上質な革の靴とはいえ毎日履くのは革にとって良くありません。特に靴の場合は数十キロの体重を1日中支えている上に、汗や湿気でかなりの負担が掛かります。1日履いたら2~3日は休ませてあげる。そうする事で汗や湿気もなくなり、革ももとに戻ります。

◆靴ひもをほどかずに脱ぎ履きしている

これもやっている方が意外に多いんです。中には脱ぎ履きしやすくする為にわざとヒモを緩めに締めている方もいるのですが、これは革にとって良くないこと。必要以上に引っ張られたり、変な負担をかける事で、革の劣化を早めてしまう原因になるんです。

他にも定期的にクリームで保湿してあげるとか色々とありますが、まずはこの2つをしている方はすぐに止めてください!それだけで靴の寿命を飛躍的に伸ばすことが可能ですよ!!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive