トップへ
ブログロゴ

仕立て屋,秋の装いはどない?!

いよいよ10月に入り気温もどんどん下がってきて秋が深まってきました。私は8月に夏物から秋物に衣替えをしたのですが,最近の末廣徳司はどんな装いをしているのか?を今日は紹介させて頂きたいと思います。

ブルーフランネルスリーピース

21728449_1497053043707149_2481054151054622157_nフランネルとはフェルトの様な柔らかく暖かみのある生地の事を呼びます。生地自体が明るい色目でしたので,生地に合わせて釦も明るい色,そして発色の良いグリーンを合わせてみました。

 

カシミア生地ブルーストライプスーツ

21430473_1492144517531335_4530576175934626079_n来春から展開予定の”親から子へ,子から孫へ 100年受け継がれるスーツ”コンセプトに開発を進めているILSARTO CLASSICO DI NAPOLIのサンプル途中段階のスーツです。中に合わせるウエストコート(ベスト)はダブル仕立てのショールカラーとかなりクラシックな顔をしています。来春からの展開を是非楽しみになさっておいてくださいね!

グレーバーズアイ柄スリーピース

写真 2017-09-26 16 11 33バーズアイとは鳥の目の様な模様をしている柄を指します。非常に落ち着いた雰囲気を持つのが特徴で,イルサルトのお客様でもこのバーズアイを好む方が沢山いらっしゃいます。これも中に着ているウエストコート(ベスト)はダブル仕立てで非常にクラシカルな雰囲気に仕上げました。

冠婚葬祭用ブラックスーツ

22008231_1508079932604460_687755845858042140_n最近4キロ太ったので不安になり冠婚葬祭のブラックスーツ入るかどうかを確かめてみた一着です(笑)平気そうな顔をしていますが,かなりお腹を凹ませています。。早く痩せよう!

次回の仕立て屋の装いを楽しみにしておいてくださいね!!

 

 

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive