トップへ
ブログロゴ

ユナイテッドアローズにはがっかりしました・・・

先週日曜日はお休みを頂いていたので、家族で三田のアウトレットに行ってきました。

最近のアウトレットはアウトレット企画の商品が多いので、正直あまりええのはないのですが、たまに掘り出し物があるので宝探しの気分でたまに行くと楽しいんです!

そしてたまたま入ったユナイテッドアローズでこんなのを見つけてしまいました!

o0480064013082140884

ユナイテッドアローズが出している機能性下着

ん???なんかグンゼのシークにすごく似てないか??グンゼのシークとはこんな商品です。

o0480036013082140851

サイズ展開もサイズ感も同じ。

o0480036013082140899

触ってみると、素材感も大差なし。

o0480036013082140863

これがユナイテッドアローズ。

o0480036013082140844

これがグンゼシーク。

色々見てみると、素材感、サイズ感、襟の形等何をとっても殆ど同じ・・・。試しに購入して1日着てみましたが同じですね・・・。名前だけユナイテッドアローズに変えてるんじゃないかと思うくらい酷似した商品に正直かなりがっかりしました。

下着の会社であるグンゼがこれを作るのはいいと思うのですが、セレクトショップの雄で有る意味時代を作っていって欲しい。ユナイテッドアローズが市場で売れてるからと言う理由だけでこんなコピー商品を作っているのはボクはイヤですね。

ユナイテッドアローズも大きな会社ですから、そういった事もしていななければいけないのかも知れません。でもこういう商品を作り出した瞬間に離れていくのは、今までユナイテッドアローズを支えてきた熱狂的なファンだと思います。

昔のユナイテッドアローズは商品も販売員さんも店舗も全てすごく個性的でカッコ良く、その世界観に憧れ熱狂的なファンになった方が沢山いました。(ボクもその中の1人です)

普通に下着を作るのではなくて、ユナイテッドアローズなら隠すという概念でなく、シャツの下から見えてもカッコイイ下着を作るとか、全く違う他の提案をするとかして欲しかったです。

これは下着だけに言える事ではなく、商品全体に言える事。市場を後追いして売れている商品をコピーするのではなく、もっとどんどん新しい提案をアパレルにはして欲しい。それがアパレルの在る意味なんだとも思います。

自分の独自のフィルターを通して商品開発を行う!

これはイルサルトでも全く同じ事です。自戒の念を含めて今回のブログを書いてみました。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive