トップへ
ブログロゴ

ナポリのカチョッポリから素敵なプレゼントが届きました!

私が大好きなのはイタリア生地とイギリス生地

世の中にあるスーツの原料となる生地には,イタリア生地,イギリス生地,フランス生地,日本生地など様々なものがあるのですが,イルサルトではイタリア生地とイギリス生地のみを使用し,スーツのお仕立てをさせて頂いています。 何故イタリア生地とイギリス生地なのか?と言うと単純に私が好きだからと言う理由なのですが,この二つの違いを簡単に説明すると,イタリア生地は柔らかく光沢があるので少し艶っぽい雰囲気になり,イギリス生地は堅牢でしわになりにくくカチッとした雰囲気に仕上がるのが最も大きな違いと言えます。

林英伸さん3イタリア生地”アリストン”でお仕立てしたスリーピース

松本彰人さん9英国生地ドーメルでお仕立てしたスリーピーススーツ

イルサルトでは今まではイタリア生地80%,イギリス生地20%くらいの割合だったのですが,来年から展開を予定している新ブランド ILSARTO CLASSICO Di Napoliは親から子へ,子から孫へ100年受け継がれるスーツがコンセプトですので基本的には丈夫なイギリス生地を使用する予定をしています。

自分の国の事を大好きなイタリア人ですがイギリスに対する憧れは非常に強いので,イギリスの生地を使ってお抱えのサルト(仕立て屋)にスーツを仕立ててもらうイタリア人はすごく多いのです。

ミルとマーチャント

又イタリア生地の中でも私が非常に好きなのが,カチョッポリ,アリストンと言ったナポリの生地ブランドです。ナポリ特有の色使いの鮮やかさで生地を見ているだけで楽しい気分になってきます。

平岡孝輔さん2

 

生地屋さんは二種類に分かれるのですが,まずは”ミル”と呼ばれ,企画~生地の織り上げまでを全て自社で完結する会社。そしてマーチャントと呼ばれ,原材料となる羊毛を買い付け企画まで行って,実際に生地の織り上げはミルに委託する会社の二種類です。先ほどのカチョッポリ,アリストンは後者のマーチャントと呼ばれる会社です。

ナポリから届いたプレゼント

先日カチョッポリの社長さんがオリジナルで作られたカップ&ソーザーを贈って下さいました!ナポリらしい鮮やかな色合いです。カチョッポリの生地でスーツをお仕立て頂いた方にこちらのカップ&ソーサーでエスプレッソを飲んで頂いて下さい!との事です!やる事がいちいちお洒落ですね(^^♪ 写真 2017-12-14 14 27 57

カチョッポリの生地をお選び頂いた方にはこちらでエスプレッソを煎れさせて頂きますので楽しみになさっておいてくださいね!

 

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive