トップへ
ブログロゴ

4/15(日)~16(月)小樽オーダー受注会開催決定致しました!

小樽オーダー受注会決定!

念ずれば通ず!そんな諺もありますが,沖縄や北海道と言った旅行に行くような場所でオーダー受注会が出来たら美味しいものも食べる事が出来るし,仕事も出来るし一石二鳥だな!って思っていたのですが,今回なんと!北海道の小樽にてオーダー受注会をする事が決まりました!

1

私と同じエクスペリエンスマーケティング(以降はエクスマと略します)を学ばれている,小樽で婦人服専門店を経営されている拝田昇さんがエクスマを通して私を見つけて下さり,先日淀屋橋サロンまでわざわざお越しいただきスーツをお仕立てくださったのですが,すっかり意気投合してしまい小樽でのオーダー受注会を開催する事に決まったのです!

知り合った翌日にはイベント開催決定!と非常に早いスピードで決まったのですが,ご縁が繋がる時はこんなものなのかもしれませんね。今回の開催を決めたのは何よりも同じエクスマを学んでいると言うのが非常に大きかったです。

想いに共感してもらう事

色々な所からオーダー受注会を開催して欲しいと言うご依頼を頂くのですが,考え方が合わない場合や想いが感じられない場合はお断りをさせて頂いています。売上の事だけを考えたらやった方がいいのは分かっているのですが,想いがないと長続きしないですし,何よりもやっていて全然面白くもないからです。

ただただ販路を拡大したいとか,今までと違う打ち出しをしたいとか,男性経営者が沢山周りにいるからビジネスチャンスがあるとかそう言う事ではなくて,仕事を通して何をしたいのか?と言う想いの部分が共感出来る事がやはり何よりも大切ではないかと思うのです。

拝田さんは私と同じ年齢でミセスの婦人服専門店を経営されています。お爺様が創業された会社を引き継いでいらっしゃる三代目さんで,奥様も一緒にお仕事をされています。

奥様のイキイキした姿に刺激を受ける

元々ミセスの婦人服のお店に立たれていた奥様ですが,今回新たにお店を出店されました。今までよりも年齢の若い,自分と同じくらいの年齢の方向けの洋服屋さんです。今まではミセス商品を取り扱っていたのでなかなか自分の好みと違っていたのですが,今回の新しいお店は自分が好きな商品を扱う事の出来るお店です。

o0480065714085072110

自分が選んだ商品を,自分が好きな空間で,自分が好きなお客様に届ける事が出来る。勿論大変な事も沢山あると思うのですが,その充実感が楽しくて仕方なく,横で見ている拝田さんがびっくりされるほど奥様がイキイキして毎日を過ごされているそうです。

そんな奥様の姿を見て,自分も好きな事をしてみたい!メンズのファッションが好きなのでメンズのお店を出したい!そう感じた時に私の存在を思い出して頂き,ご連絡を頂いたのが始まりです。

好きな事の持つパワー

私自身も全く同じで,父の経営しているミセスの婦人服の仕事をしている時は色々な事が重なり毎日が全然面白くありませんでした。そんな時にエクスマの藤村正宏先生に出会い”好きなこと”にフォーカスした結果イルサルトの立ち上げに繋がっていきました。

ミセスの婦人服の仕事に限界を感じているから,販路を変えてメンズをしたい。もし仮に拝田さんがそんなお話をされていたとしたら,お断りをしていたと思います。でも奥様の変化する姿を見て勇気をもらい,自分も好きな事をしたいから協力してもらえないか?と言うお話でしたので私も喜んでお受けをさせて頂きました。

”好きなこと”には考えられないパワーがあります。いくらでも熱中出来る,努力を努力とも思わない,出来るまで続ける事が出来るのが”好きな事”です。特に今回の様に直感的に感じて動く事はそこに邪念がないので上手くいく可能性が高いのではないかと考えています。

オーダー受注会日程

小樽での美味しいお寿司に惹かれた部分があるのは否めませんが(笑)小樽でカッコイイオヤジを増やすべく頑張りたいと思います。最後に日程,会場,連絡先等を書いておきます。まだ見ぬ小樽のお客様にお会いできるのがすごく楽しみです!!

日程)2018年4月15日(日)~16日(月)

会場)FISTY 小樽市稲穂2丁目13-5

連絡先)拝田昇 0134-33-8033

ご予約ご希望の方は,拝田さんのお店にお電話して頂くか,info@ilsarto.net までご予約希望とメッセージを頂ければと思います。小樽オーダー受注会楽しみです!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive