トップへ
ブログロゴ

日本一社員が辞めない会社

イルサルトの大切なお客様 リハプライム株式会社 代表取締役 小池修さんが今回出版をされました!

写真 2018-03-18 15 44 06日本一社員が辞めない会社 ぱる出版 ¥1,600

離職率50%を超えると言われている介護業界で,色々な事の試行錯誤の末に社員さんの定着率96%を達成した方法を大公開した一冊です。著者の小池さんとは何回も食事をさせて頂いたりしているので,お話は今までもかなりお聞かせ頂いていたのですが,この1冊を読ませて頂き改めて小池さんが何を感じ,どう行動をされてきたのか?が良く分かりました。

社員が辞めて困っている,人材が育たないと悩んでいる経営者の方には非常に参考になる一冊なのですが,私がそれ以上に感じたのは”どう生きていけば良いのか?”に迷っている方には是非読んで頂きたい一冊だと言う事です。

会社を立ち上げる時に最初に考えるのは”将来性のある事業なのか?採算の取れる儲かる事業なのか?”と言う所を考える事が多いかと思うのですが,それ以上に大切な事がある事に気づかされます。

私が起業した時には採算云々かんぬんよりも”楽しいこと,わくわくすること”をしたいからと言う感じだったのですが,小池さんの場合は”自分がやらねば”と言う強い使命感でした。強い使命感さえあれば方法論や色々な事は勝手についてくる,そんな事を追体験させてくれる本なのです。この本の中で私が中でも非常に共感をさせて頂いた部分が2か所あります。

写真 2018-03-18 15 45 131か所目は,自分は誰を助けたいのか?そして何故自分がやるのか?と言う部分です。ここは”使命感,天命”と言ったものに直結するかと思うのですが,その仕事をする理由です。この自分は誰を助けたいのか?は自分の顧客像,どんなお悩みを持っている人なのか?と言う所ですが,この顧客像がはっきりしないと自分が何をしたら良いのか?が明確になりません。

そして何故自分がやるのか?はそこに必然性やストーリーが無いと人の心を動かす事が出来ないのです。採算をとれる事,利益を確保する事も勿論大切ですが,その始まりはどこからスタートしているのか?仕事をする根源的な意味の部分なのですが,この軸をまず明確に意識する事が大切です。

写真 2018-03-18 15 45 58そしてもう一つは”社員の夢と会社の夢のベクトル”を合わせると言う部分。この会社で頑張っても未来が無いと思うから社員は辞めるのであって,”頑張れば夢が叶う”と気づけば,社員は辞める必要がなくなる,と仰る部分に深い共感を得ました。

人それぞれ実現したい事は様々ですが,その実現したい事の実現出来る可能性を最も高めたいと人は考えます。小池さんの仰る通り,その実現したい事の最も実現出来るステージが会社であれば辞める必要が無いのです。

ただその為に必要な事は,まずは自分自身が何を実現したいのか?をしっかりと考え,社員が何をしたいのか?にじっくりと耳を傾ける事が大切です。”仕事を通した夢実現のお手伝い”と捉えたら仕事への取り組み方は自ずと変化をしてきます。

写真 2016-12-01 9 40 15

社員の定着率を高めたい,良い人材を育成したい,そして自分の生き方に迷いがある。そんな方には是非お勧めの一冊です!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive