トップへ
ブログロゴ

イルサルトにお越し下さるお客様の『3つの体型の悩み』


先週の日曜日の朝のこと


妻が突然


『美容整形
 にそんなに興味あるの?』


と聞いてきました

column108
出展元 call to beautyより



んん???
何を言ってるのだろう?


『何を突然どうしたの?』


聞くと


美容整形やりたいねん!
って大きな声で
『寝言』言ってたよ!


・・・・・・

僕は一体どんな夢を
見ていたのでしょうか??



◆人間の欲求



『美しくなりたい』
 は人間の欲求の1つ


痩せたい
綺麗でいたい
若々しくいたい

と願っている方も多く
私自身もそう考えています



◆服の力を使う



痩せたい!

でも実際痩せるのは難しい


綺麗でいたい!

でも綺麗でいるのには
色々な節制が必要です


しかし実際になるのは
難しいことでも


『服の力』
 を使って

『そう見せる』
 ことは可能なのです!



◆3大お悩み



イルサルトにお越し下さる方
の3大お悩みが


※ 足を長くみせたい
※ 胸板を厚くみせたい
※ なで肩が気になる


でもこの3つとも
『服の力』を使う事で
解決することが出来るのです



◆足を長く見せる



これは非常にカンタンで
2つの方法があります


1つめは

『パンツのシルエットを
 少し変える』


イルサルトが開発した
”足が長く見える黄金律”
でシルエットを作る

KOU_4352


2つめは

『パンツの丈を
 ほんの少し短めにする』

短すぎると×ですが
ワンクッションと呼ばれる
長さにする


小林晋さん5

この2つで足を
実際より『長く見せる』事が
カンタンに出来ます



◆胸板を厚く見せる


こちらも非常にカンタンで
2つの方法があります


1つ目は

『袖を細くする』

袖を細くすることで
相対的に胸の厚みが
強調される様になります

TER05764


2つ目は

『スリーピースを着る』

中にベストを着ることで
胸に厚みを足してくれます


谷村充功さん3


◆なで肩が気になる



なで肩にコンプレックスの
ある男性は非常に多いです

実は私自身もそうでした

 ガッチリとした肩に
 憧れを持っているのに
 なで肩で貧弱に見える・・


私のなで肩コンプレックスを
見事に払拭してくれたのが
『ナポリ仕立て』のスーツ

王様の仕立て屋2
ナポリが舞台の
漫画『王様の仕立て屋』



初めてスーツを仕立てた時に
それまでコンプレックスを
感じていた肩のラインが

 信じられないほどの
 美しいシルエット

になっている事に驚きました


谷さん9

何が起こったのか理解出来ず
何故なのか?と聞くと


 ナポリ仕立てのスーツは
 肩のシルエットが特徴的で
 なで肩の方が似合う


と衝撃的な事実を
職人さんは教えてくれたのです


iStock_43809176_XXXLARGE

 富士山のシルエットの様に
 頭を中心に
 なだらかに下がっていく肩線

 このシルエットが
 ナポリ仕立ての真骨頂で
 なで肩の方に最も相応しい


私のコンプレックスが
払拭された瞬間です

ナポリ仕立てのスーツを
最も精度高く再現出来る工房
でイルサルトのスーツは
全て仕立てられています


DSC_2350


※足を長くみせたい
※胸板を厚くみせたい
※なで肩が気になる


そんなお悩みのある方は
いつでもご相談くださいね!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive