トップへ
ブログロゴ

イルサルトのこれから目指すこと

お客様が家族の様に思える様になってきているんじゃないですか?

才能心理学の北端康良さんのセッションを受けていて先日そんな事を言われ,それがすごく腹に落ちました。o0480064013075422708

 

幼少時代に自分の価値観を決定づけるディープインパクトがある,それが有ったから幸せを感じる場合もあるし,それが無かったから欲しくて欲しくて仕方なかった場合の2つのパターンがある。北端康良さんはそんな風におっしゃいます。経済的な自由が無かったから経済的な自由を求める人もいれば,家族団欒があったからそれが幸せで価値観の基準になっている人もいる。”有った人””無かった人”の2パターンいる,それが才能心理学の基本になっています。

ボクは恵まれた家庭で育ちました。

うちの父は会社経営者ですごく頑張っていたので経済的に困った事はありません。そして母はすごく人間的に出来た人でしたので僕ら3人の兄弟に愛情をすごく注いで育ててくれました。物心共に豊かな家庭で育ててくれた両親には感謝の言葉しかありません。だからボクは”持っていた”方だと思っています。一番大切な価値観は家族です。

だから僕自身も家族が大好きですし,出来るだけ家族との時間を増やしたい,そう思っています。今は忙しくてなかなか時間が取れないけど出来る範囲で精一杯家族との時間を大切にするようにしています。

お客様が家族の様に思えるようになってきた。

イルサルトは完全予約制,1時間~1時間半ほどの時間の中でマンツーマンの対応をさせて頂いています。完全予約制にしているのはその時間の中はそのお客様の事だけを考えたいからです。自分の魅力というのはなかなか自分では分かりません,服のプロ、そして価値発見のプロとしてお客様の魅力を引き出し,セルフイメージをあげてより仕事の成果を上げていただくのがボクのミッションです。

そうやってマンツーマンで対応させて頂いていると,どんどんお客様の事が理解出来てきて好きになってきます。そうするともっと喜ばせたい!楽しんでもらいたい!そんな感情が湧いてきます。対お客様ではなく,家族の様に感じれるようになってきました。

t02200330_0800120013025948194

拡大したい気持ちは無くなりました

以前は色々な所にサロンを出したいと思っていたのですが,最近ではそんな気持ちはなくなってしまいました。拡大すればするほどお客様との距離が離れてしまうんじゃないか?そして忙しくなり過ぎたら家族と過ごす時間がどんどんなくなってしまう。それよりも今までイルサルトを支えて頂いているお客様を徹底的に大切にして,もっともっと喜んでもらうのが自分らしいんじゃないかと思える様になってきました.

なので最近今までしていなかった試みも色々始めています。とにかくお客様のお役に立てる,ボクもお客様の事を大切にし,お客様もイルサルトの事を必要としてもらえる。そんな関係性をこれから作っていきたいと思います。

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive