トップへ
ブログロゴ

大塚家具 大塚久美子社長の気持ちが手に取るように分かります



大塚家具自主再建断念


業績不振の大塚家具さんが
他社との提携で
経営再建を図るようです


無題
出展元 毎日新聞



大塚家具さんと言えば
創業者の父と長女の社長が
経営権をめぐって『お家騒動』
を繰り広げ話題になりましたね




 丁度その頃
 息子の勉強机を探していて
 大塚家具さんにも行きました

 方針が変わった直後で
 お家騒動の事ばかり聞かれ
 スタッフさんが辟易気味
 だったのをよく覚えています




◆高級VS低価格




 高級高品質路線の父
 VS
 低価格路線の娘


この図式だったわけですが
今から12年前に
実は私も同じ経験をしました




 アパレル大手のワールドに
 10年間勤めた私は


 『低価格』の商品を
 出来るだけ『多く』販売する事


 が正義であると
 信じて疑いませんでした

t02200220_0403040312354677643


 対して
 婦人服小売店を40年以上
 経営する父は


 お客様との『関係性』が
 何よりも大切

 1人1人のお客様に
 『真摯』に対応すること


 が正義であると
 信じて仕事をしていました




◆低価格路線の結果




 40年以上『関係性』
 大事にしていた父の会社に

 『費用対効果,効率』
 重視する息子が入社してくる



現場の指示は
息子である私に変わりました



結果は・・・・




2年で売上半減




悪影響は売上減だけに
とどまりませんでした


t02200147_0400026712841067432


社員の反発
お客様からのクレーム激増



様々な問題が起こりました




◆どこを見ているのか?




大塚久美子社長と
私の共通点は

お客様を見ていない



 お客様を見て
 如何に喜んでもらうか


 よりも


 先代との違いを出す
 事業の効率性



ばかりに集中し
方向性を見誤った
気がするのです




◆効率よりも大事なこと




事業の効率性は
勿論考えることなのですが

それよりもまず


 自社の役割,ミッション
 誰のどんなお役に立てるのか?


を明確にすることが
大切なのではと感じます


images


 低価格路線のお店は
 イケア,ニトリなど沢山あり

 大塚家具さんに
 低価格を求める消費者は
 少ないのかもしれません




◆何よりも大切なこと




自社に出来ること
自社に求められること


この2つを合致させるには
お客様をみること


特にリピーターのお客様は
会社の『資産』とも言えます



 時代によって
 変化することは大切ですが
 忘れてはいけないのは


 お客様をみること




◆誰に何が出来るのか?




跡継ぎ経営者の中には
先代との違いを出し
自分色に染めることに
固執する人もいます



しかし大切なのは
そこではなく


何を求められているのか?
誰に何が出来るのか?


をしっかりと見極めること


大塚家具さんのニュースを見て
そんなことを感じました

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive