トップへ
ブログロゴ

体型に合わせたスーツを仕立てるのが私の仕事ではありません



小松出張も無事終了し
昨日からお盆休みを
頂いています

普段は少し食事制限を
している私ですが
出張中や休みの日は
全ての制限をやめます


先日の小松出張の際も
久しぶりに『カツカレー』
を食べてきました


写真 2018-08-10 9 21 21

 小松にはカレーの有名店
 『カレーの市民アルバ』
 と言うお店があります


 イベントを主宰する新谷社長も
 糖質制限をしていてこともあり
 何年も行ってなかったのですが

 7年ぶりに
 ついに『アルバ解禁』しました


写真 2018-08-10 9 27 00

独特のカレーのルーと
揚げたてのチキンの組合せ
最高でした(^^♪




◆数値化する重要性




このカツカレーのカロリーを
調べてみると約1200

男性の必要カロリーが約2000
1日必要量の約60%

夜ごはんは押さえておいた方
が良さそうですね・・・


 もしカロリーの『数値化』
 が出来なかったとしたら
 こうした判断をする事が
 出来ないのです


 数値化出来るからこそ
 様々な事を決める事が出来る



これは服作りにおいても
全く同じ事が言えます




◆様々な体型




お客様の体型は様々


 なで肩
 怒り肩
 O脚
 腕の太い方
 腕の細い方


1人として
同じ体型の方はいません


TER05764


 オーダースーツなら
 こうしたそれぞれの
 体型に合っているのが
 『当たり前』


 そう考える方が多いのですが
 実際はそうではないのです




◆着地点を決める




何故なら


 お客様の体型に
 合わせすぎると
 イルサルトのシルエットでは
 なくなってしまうのです



※ お客様の体型

※ イルサルトのシルエット



この2つの『着地点』
どこに持っていくのか?


が私の仕事であり
腕の見せ所になります




◆着地点の数値化




 お客様の体型を優先しすぎ
 イルサルトのシルエットが
 上手く出せていない



逆に



 イルサルトのシルエットを
 優先しすぎ少し着ずらい



色々なことがありました


その中で私も経験を積み
12000名以上のスーツを
お仕立てさせて頂く中で


美しい着地点の数値化


田中清さん4


をすることが出来ました




◆採寸と数値化




様々あるお客様の体型

イルサルトのシルエット



この2つを美しく着地する為


※ 30か所以上の採寸
※ 25か所以上の数値化


した上で
イルサルトのスーツは
仕立てられていきます




◆イルサルトならではの価値




勿論この『進化』は
止めてはいけないもの



 ZOZOスーツやAI進化で

 『正確に仕立てる』

 と言う意味では
 近い将来軍配は
 確実に機械に上がります


キャプチャ



AIにはない価値

イルサルト
ならではの価値


そんな事を考えながら
仕事の深堀りを
していきたいと思います
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive