トップへ
ブログロゴ

ワールド東証一部再上場のニュースに思うこと




vol.4683


こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



 装いを通し
 『会社の顔』に相応しい
 経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います




◆ワールド再上場!




ワールドが
東証一部に再上場!


そんなニュースが
昨日載っていました


写真 2018-09-28 11 09 05
出展元 産経新聞




この上場については
様々な意見があるようですね

私は株式については
詳しくないので
正直良く分かりません



ただ
窮地に陥ったワールドが
こうして再上場するのは
色々な事が整ったからと感じ
非常に嬉しく思っています!




◆ワールドでの10年間




1995年に入社し
2005年までの10年間
私はワールドで
働かせて頂きました



 いま仕事が出来ているのは
 ワールドの経験のお陰

 また同期入社というご縁で
 妻と結婚したので
 ワールドには足を向けて
 寝ることが出来ません(笑)



ua_20140225_02
出展元 ファッションスナップ




現在の社長は3人目ですが
ワールドは畑崎広敏社主が
一代で築き上げた会社


創業後急成長したのが



 ※ 完全買取り

 ※ オンリーショップ

 ※ コーディネート


の3つの政策でした




◆急成長の要因




 売れなければ返品される
 委託契約が当たり前の時代に


 全て買い取ってもらう
 完全買取り



 色々なブランドがあるのが
 常識のお店を


 1つのブランドで構成する
 オンリーショップ



 単品商品が並ぶのが
 一般的な中


 上から下までの
 コーディネートを提案する
 ワールドコーディネート



時代にさきがけ
様々な革命を起こしたのが
ワールドだったのです




◆ワールドの役割




 小売店にしてみたら


 1つのブランドだけで
 お店を構成し
 商品はすべて買い取り


 は『大きなリスク』
 があります




そこでワールドが考えたのが

売れるお店を『一緒に』作る

と言う方法



DSC_5392


 より売れるような
 ディスプレイをする会社

 販売員さんの
 教育をする会社

 様々な販促活動の
 支援をする会社




専門性のある会社を
次々に立ち上げ


商品を卸すだけではなく
『一緒に売っていく』ことを
進めていきました


いわば
『お店のお困りごと』を
全て解決し売上を上げるのが
ワールドの強みだったのです




◆ワールドで経験したこと




私が入社した1995年頃は
まだこうした流れでしたが
第2創業期があり
会社が大きく変わりました


完全買い取り
オンリーショップ
コーディネート


というものは
今のワールドにはありません




私はいわば
前時代ワールドの人間ですが



 お困りごとを解決し
 一緒に頑張っていく



このことを
経験させて頂いた事が
何よりの宝物になっています




 時代が変わり
 色々とデジタル化されても


 人間性や人の暖かみ


 といったものの大切さは
 全く変わらないと思うのです



ワールドも再上場する事で
第3創業期に入るようです

私が在職していた頃とは
全く違う会社になりましたが


昭和ワールドの残党として(笑)
ワールドイズムを伝承し
愚直に泥臭く頑張っていきます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive