トップへ
ブログロゴ

伝わる経営者と伝わらない経営者の話し方『たった1つの違い』




vol.4779




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います






◆3の持つ力






今日は1月3日
三が日も今日で終わりですね


明日からお仕事!
そんな方も多いと思いますが
イルサルトは7日が仕事始め

もう少しゆっくりと
休みたいと思います(^^♪



写真 2018-02-08 8 54 58



三が日を過ぎると
お正月感が一気に薄れます




なぜ

”五が日” とか
”二が日” ではなく
”三が日” なのか?


これは
『3の持つ力』なのです






◆3とは?






3と言うのは
不思議な数字です




 3人寄れば文殊の知恵
 3つ子の魂百まで
 石の上にも3年




色々な諺があります


 posillipo2


 三銃士
 日本三大美人
 世界三大夜景




など3でまとめるものも多い




20160317_1255879



 多数決が成立するのも
 カップラーメンの待ち時間
 ウルトラマンが戦えるのも



全て3なのです



そう言えば
3でアホになる人もいましたね



news_20181023182318_thum630
出展元ビッグローブ



桂三度と改名してもやはり
『三』が入っていますね(笑)






◆3を意識する






出来る経営者は
この不思議な数字『3』を
使いこなしているのです

それは『話し方』




 話す時に
 この3を意識する事で
 伝わる力が劇的に上がります



 ※ 要点が3つあります

 ※ 方法は3つです

 ※ 理由は3つです




のように
3つに絞ることで
非常に伝わりやすくなります






◆3が有効な理由






何故3つに絞ることで
伝わり易くなるか?というと
その理由が3つあります(笑)



3




 ※ 
 印象に残る限界が3つ

 ※ 
 3つあると人は納得する

 ※
 脳科学的に有用な数字



順番に説明していきますね






 印象に残る限界



 この商品のお勧めポイントが
 10個あります!


 と言われたとしても
 全部覚えられる人はいない


 数が増えれば増えるほど
 要点がぼやけてしまいます


 強く記憶に残るのは
 せいぜい3.4個なのです



41xkfL4mAlL._SX298_BO1,204,203,200_





 人が納得する



 人を納得させるには
 1個2個だと弱いのです

 明確な理由が3個ある事で
 納得性が上がります

 また最初に
 3個と『明言する事』が
 相手の聞く姿勢を作ります






 脳科学的に有用



 三種の神器
 三権分立
 徳川御三家


 など何かをまとめる上で
 遥か昔から使われてきたのが
 3と言う数字です

 脳科学的にもしっくりきて
 バランスよくしっくりくる
 だから伝わりやすいのです




4251






◆3を駆使すると伝わる






これからの経営者には
『伝わるように伝える力』
をつけることが重要です


伝える
伝わる


この2つは
似て非なる言葉



51pqQtoJlKL




 伝える
 ⇒ 一方的なもの

 伝わる
 ⇒ 双方向のもので
   行動に影響を与える




大切なのは『伝わる』こと


その為はこの『3』を
意識するようにして下さい!

劇的に伝わり方が変わりますよ!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive