トップへ
ブログロゴ

大塚家具バトルはあらゆる会社で起こり得る







vol.4894




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



装いを通し
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆大塚家具和解へ







大塚家具の久美子社長が
父 勝久氏と4年ぶりの面会




ootyka

出展元 日経新聞






 2015年のお家騒動から4年
 ついに和解に向けて
 動き出したようです

 このニュースを見て
 私が最初に感じたのは



 久美子社長
 相当困っているんだ・・・



 ということ








◆背水の陣が人を変える








 お家騒動以来
 業績は低迷し
 施策が悉く裏目に出る

 何をしても
 全く上手くいかない
 資金も尽きかけている





 背水の陣に追い込まれ


 
 頼れるのはもう
 父親しかいない



 そう感じた久美子社長が
 選んだのが和解への道




キャプチャ
出店元 スポーツ報知





様々な想いがありながらも
まず自分が変わろうと決め
行動に移した久美子社長は
すごいと思います



父勝久さんの
コメントも印象的でした


 久美子社長が変わるのに
 私が変われないわけが
 ないじゃないですか








◆創業者と後継ぎ








経営方針を巡って
創業者と後継ぎが揉める

これはよくあることです




 創業者も後継ぎも

 会社を良くしたい

 と考えているのは同じ


 良くするための
 方法論が違うだけです



 キャプチャ
出店元 日テレ24






 0から事業を興す創業者は
 異常な行動力や想いの強さで
 レールを引いていきます


 対して後継ぎは
 論理的に筋道を立て
 考えるのが得意な人が多い






良い悪いではなく
そもそも才能が違うだけです

お互いの価値観を認め
変化し歩み寄ることで
新しい可能性の扉が開く
と思うのです








◆後継ぎタイプの私








私は完全に後継ぎタイプ

理論立てて考えるのは
比較的得意なのですが
直観力や閃き力に乏しい

父の会社にいる時も
数字分析ばかりしていました




s-DSC_2564


そんなある日
父に言われた事があります






 数字とにらめっこして
 数字が変わるんだったら
 見た方がいいと思うけど

 変わらないんだったら
 そんなに見なくても
 いいんじゃないの





言われた瞬間カチーン!

勘と度胸で勝負できた
昭和の経営者は楽でええなあ!
と(心の中で)叫びました(笑)








◆私の変化








数値化して考えることが
何よりも大切!

そんな私が変われたのが
イルサルトの立上げです





 生まれて初めて
 好きを仕事に取り入れた事で


 必要とされる喜び
 自分の生きる意味


 など数値化出来ないものの
 価値を感じ始めたのです




写真 2018-11-14 8 18 00



数字ではなく


目の前のお客様に
どう喜んでもらうのか?

だけを考えていると
段々と道が拓いていきました







◆想いと経済








会社経営を10年して
感じることは




 『想いと経済』
 この両輪を意識すること




 ※ 想いとは志

 ※ 経済とは数字




 想いだけなら
 ボランティアと同じ

 経済だけなら
 長続きしません



裏用(19)




数値化出来るもの
数値化出来ない価値



常にこの両輪を意識し
世の中に必要とされる
会社を創っていきます

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive