トップへ
ブログロゴ

ナポリに行く時は必ず行くお店『Dadora』








vol.4937




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆ナポリを歩き回る








32,899歩!

イタリア出張初日
ナポリで歩いた歩数です





 日本にいると
 1日の歩数は多くて1万

 いつもの3倍ほどの歩数

 しかも
 強烈な太陽の光がさし
 歩きづらい石畳の道



IMG_4251




ホテルに帰った瞬間
ベッドに倒れこみました








◆お客様との3人旅








今回の出張は
お客様2人と3人旅




 最近の出張は必ず
 お客様と行っているのですが
 イタリアにお客様と行くのは
 創業時に掲げた目標の1つ




62044260_2286194674792978_5642118380057001984_n



考えていたことが
こうして実現するのは
本当に嬉しいですね!




さてさてナポリ初日
港から丘の上まで
歩き回りました

海があり山があり
風光明媚な街ナポリ



dsc_8067



どこを切り取っても
絵になる街です!








◆ナポリの全貌を見る








初日の予定は
「ナポリ市内」視察


私以外は初ナポリ
まずは『ナポリの全貌』を
感じてもらおう!


そう考え
ナポリ在住のこの方に
案内をお願いしました



DSC_8005


 ナポリ大学で
 『演劇』を学ぶ神宮一樹さん

 4年前ナポリに来た際
 案内をお願いしたのがご縁で
 ナポリに来るたびに
 食事をさせて頂いています




最初お会いした時は
『日本人』だった神宮さん

どんどん現地化し
『ナポリ人』化が
とまりません(笑)








◆東洋人の少ないナポリ








イタリア観光と言うと


 ミラノ
 ローマ
 フィレンツエ
 ヴェネツィア


が四大人気都市



62219104_2286040368141742_1252492182401581056_n





ナポリは
イタリア第3の街ですが



 遠い
 治安が悪い



と言う理由から
日本人を始めとする
東洋人をあまり見かけません








◆ナポリの歴史








朝ホテルを出発し
まずは『卵城』へ





 ギリシャの植民都市として
 作られたのがナポリの始まり

 当時の街の名前は
 ネアポリス(Neapolis)
 ”新しい街”という意味です





DSC_7985


そこからナポリは
色々な国の支配下に入ります




 ギリシャ
 ローマ帝国
 ノルマン
 スペイン




こうして様々な文化を吸収し
歴史の跡を証明する地区は
街ごと『ユネスコ世界遺産』
に登録されています









◆Ristorante Dadora








そして
ナポリと言えば『シーフード』
シーフードと言えば『ダドーラ』

このお店に来るために
ナポリに来ていると言っても
過言ではありません(笑)




DSC_8114

DSC_8117

DSC_8119


安定の美味しさで
今回も大満足でした!





でもいつもの名物店主さんに
今回会えませんでした

聞いてみると
昨年8月に亡くなられた様です




DSC_1709




 私が行くと

『毎年来るよね
 覚えているよ!』

 と声をかけてくれました







 『時は流れていくんだよ』
 と寂しそうに話すお店の方

 以前と変わらず
 繁盛しているお店




DSC_8120




店主はいなくなっても
想いは引き継がれている

ナポリに来るたびに
私もあの店主さんの事を
思い出すのだと思います
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive