トップへ
ブログロゴ

売上をあえて減らす!経営者にその勇気が求められる時代






vol.4957




こんにちは!

日本で唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います








◆2019年後半突入!








7月に入りましたね~

2019年も今日から後半
本当にあっという間に
時間が過ぎていきますね





 今年は
 こんな1年にしよう!

 と毎年1月に予定を立て
 半年を迎える夏ころ
 その進捗を見直す






そんな感じです




以前は数値的なことも
意識をしていたのですが
最近は数値面はあまり
意識しないようになりました








◆数字を見過ぎない








数値面を
あまり意識しなくなった
一番大きな理由が





 売上の数字に
 一喜一憂しすぎると
 お客様を見ることが
 出来なくなる





写真 2019-06-26 10 39 31




 売上計画を意識しすぎると
 未達成になりそうな時に
 売込みをしてしまう

 本来進めるべきでない物を
 予算達成のために
 無理やり薦めてしまう




そんな事が
起きる可能性があるのです

言った事はやらないと
気が済まない性分の私は特に
気をつけないといけません








◆経費を調整する








もちろん経費計画は
きちんと持っています




 人件費,販促費,家賃など
 年間予算を決めておき
 売上推移にしたがって
 使う経費の額を調整する



これは大きな会社や
上場会社では難しいですが
小規模企業なら可能な
やり方と言えます








◆売上を減らそう!








最近こんな本を読みました




65611063_2321341267944985_2173544985566117888_n

 ↑↑↑
 売上を減らそう

 たどりついたのは
 業績至上主義からの解放








100色限定の
京都にあるご飯屋さん

100色売り切った時点で
店は閉まるので
営業時間は僅か3時間半

いくら売れても
それ以上は売らないお店








◆価値観は1つではない








恐らくこのお店には
売上計画はありません



 あるのは
 『毎日100食売りきる』



それが売上計画といえば
そうなってしまいますが
むやみに売上を増やすことを
目指していないのがポイント




20170922203232





売上増を考えると
スタッフが疲弊し
食事の質が落ちる可能性も
十分にあるのです






 売上を増やして
 収入を増やして
 今より良い生活をする


 そんな価値観を持つ人が
 以前は大多数でしたが
 最近は変わってきました


 お金よりも
 自由になる時間を重要視
 する方も増えています








◆経営者に求められるもの








 様々な価値観の人が
 存在している

 お客様の喜びが
 売上の数字になる



 この2つのバランスを
 如何にとっていくのか?



この力が
これからの経営者には
求められると思うのです




D1yuH9QUYAAbxDZ








以前であれば
売上をとにかく伸ばして
給料を上げることが
従業員の幸せ


しかし今は違います





 色々な価値観の従業員がいて
 求めているものは多種多様 


 従業員が幸せを感じないと
 お客様は幸せを感じない


 また仕事の目的の大前提は
 物やサービスを通して
 お客様に喜んでもらうこと






2


時代はどんどん
変化をしています


その中で


変わるべきもの
守るべきもの


この2つを意識し実践できる
経営者になっていきたい

そんなことを思います
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長
『主役スーツ』 一度きりの人生という舞台で、主役を演じきる衣装を仕立てる、日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。セルフブランディングで独自化を必要とする経営者,政治家,医師,作家,講演家,士業,芸能人,スポーツ選手に至るまで10年間で14,000名を超える顧客を口コミだけで開拓する。 日本経済新聞社主催で経営者向けの着こなし術セミナーや,コラムも執筆。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive