トップへ
ブログロゴ

輝く経営者を増やすことは後継者不足問題の解決につながる!









vol.5019




こんにちは!

『日本で唯一の』
経営者専門スーツ仕立て屋
イルサルトの末廣徳司です



経営理念を身に纏い
『会社の顔』に相応しい
経営者を創り上げるお手伝い



今日もここに向けて
全力で仕事したいと思います










◆社会を良くする仕事










とある経営者の集まりに
先日参加をしてきました




 社員の幸せ

 お客様の幸せ

 社会の幸せ




この三つを考えて
経営を実践していこう!

そんな集まりでした




1-4


社員の幸せや
お客様の幸せの追求は
よく理解を出来ます

でもそれが
社会全体を良くする事に
どう繋がっていくのか?は
考えた事もありませんでした










◆社会問題の解決










そのお話の中で
何回も言われていたのが





 事業を通して
 どんな社会的問題を
 解決しているのか?

 それこそが
 会社の価値になる

 社会的価値と
 経済的価値を有する
 会社を創っていこう!





というお話でした










◆日本の社会的問題










装いを通して
経営者のブランド価値を
上げる

これがイルサルトの
仕事の本質なのですが
一体どんな『社会的問題』
を解決しているのか?

ここまでは考えた事も
今までありませんでした



社会的問題


日本の持つ社会的問題が何か?
を調べるとこうあります




 貧困

 少子高齢化

 人口減少

 食料自給率

 食品ロス

 消滅可能性都市

 空き家

 

などなど
30を超える様々な問題が
いま存在しているのです










◆イルサルトのお役立ち










30を超える諸問題の中で
イルサルトが役に立てる事が
1つだけありました

それは
『後継者不足問題』






 日本は中小企業の
 占める割合が90%以上

 存在する会社の殆どが
 中小企業の国です

 しかしそのうち
 3分の2の企業は
 後継者がいない状況

 2025年には団塊の世代が
 75歳以上となるため
 この前後から後継者不足
 が加速していきます





後継者が見つからなければ
廃業する企業も出てくる為
伝統的な技術が消滅したり
社員は仕事を失うのです










◆父の会社










私の父の会社が
まさにそうです

私が事業承継から
逃げてしまったので
後継者はいません


残る道は廃業のみです


s-DSC_2563

そもそも私が
何故服屋になりたかったのか?

は祖父と父の影響です





 祖父も父も洋服屋で
 この仕事が素晴らしいんだ!
 と言う事を身をもって
 示してくれました

 服屋になるんだぞ!とは
 1度も言われた事ありません



s-DSC_2565


経営者として輝いている姿
をみているうちに自然と
後を継ごうと思っていました











◆輝く経営者を創る!










輝く経営者のいる会社には
人も集まってきます

そうすることで
事業承継出来る可能性が
非常に高まります




 イルサルトの役割は
 経営者を輝かせること

 結果として
 会社が永続するお手伝い
 になるかもしれない




そう考えれば
社会の為になるかもしれません!

そう考えるとなんだか
ワクワクが止まりません(^^♪




10周年パーティ


輝く経営者を創る!
結果世の中のお役に立つ


そんなお役立ちが出来る
会社を創っていきます!
この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive