トップへ
ブログロゴ

結局すべては『経営者の熱量』で決まる!










vol.5052




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!










◆オペルアストラ










中古車情報を見ていたら
懐かしい車を見つけました!




operu



 オペルアストラ

 1998年ころ
 私が初めて買った車

 可愛いデザインの車で
 非常に運転もしやすい
 想い出深いクルマです!



ヤナセさんが扱っていた
90年代にはよく見ましたが
2006年には日本から撤退し
中古車が残っているだけです










◆サンモトヤマ廃業










老舗セレクトショップ
サンモトヤマが自己破産


そんなニュースを
先日目にしました




サンモトヤマ



 グッチ
 エルメス
 ロロピアーナ


 こうしたブランドを
 日本に初めて紹介し
 30を超える店舗数で
 一生を風靡した高級店





一定の売上高が出来ると
ジャパン社を設立して
直営店出店に転換


海外ブランドの
こうした戦略や
売上不振も重なり
倒産したようです










◆企業生存率










 オペル
 サンモトヤマ

 一世を風靡したブランドが
 こうして無くなるのは
 さびしいことです


 ※
 オペルは欧州では
 販売されているようです






やはり難しいのが
永続をさせること






ネットを見ていたら
『企業生存率』
の数字が載っていました

企業が立ち上がり
どの程度の期間
事業継続出来るのか?



1



この数字が企業生存率





 データ算出方法も様々なので
 数字を鵜呑みに出来ませんが
 10年間事業継続出来るのは



 4~7%



 つまりよーいドン!で
 100社同時にスタートして
 10年後残っているのは
 約5社と言うことです










◆企業20年生存率










そして
起業20年の生存率は
なんと・・・・




 0.3%




10年→20年で
更に10分の1に絞られます




 つまり

 1000社に3社・・・・




ここまでくると
会社を20年継続するのは
奇跡に近いということです・・










◆長くつづく会社の条件










この10年間で
様々な経営者と
お会いしてきました

そんななか
感じることがあります




それは
長くつづく会社の条件




会社を長く経営する為には
様々な要因がありますが
そのなかの1つが

経営者の想いの強さ



5-8





 なにがあっても
 会社を続ける!

 仕事をとおして
 ~を実現したい!





なんとしてもと言う
この強い想いが
時代に合わせ会社を変革し
永く続く会社を作るのです










◆利他的な想いをもつ










会社が続くも続かないも
経営者の想いの強さ次第




 その想いが
 利他的であればあるほど
 協力者があらわれ
 長くつづく会社が作られる




様々な経営者とお会いし
そんなことも学びました

会社経営をしていると
様々なことが起こりますが
強い気持ちを持ち
日々の仕事を続けていきます!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive