トップへ
ブログロゴ

経営者の『ここぞと言う場面』の支えになりたい!










vol.5053




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です






 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!










◆この生地の秘密!










10月とは思えない暑さが
続いていますが
朝晩はかなり涼しくなり
秋が深まってきましたね!


季節を先取りするのが
仕立て屋の仕事


冬を代表する暖かい生地
『フランネル』を纏い
今日も仕事をしています




IMG_4987



実はこの生地


21年前に初めてスーツを
仕立てた時の生地なのです!


あの時の感激は
今でも忘れる事が出来ません





 自分の身体が
 ビックリするくらい美しく
 すごくカッコイイ!

 纏うだけで気分が変わる!





当時仕立てたスーツは
形が古くなってしまったので
今の形で仕立て直したい

そんなことを思い
デッドストックを探し続け
ボローニャの倉庫で
ようやく見つかりました!










◆初体験の感激!










初めてスーツを
仕立てた時のことは
忘れることが出来ません




 1998年 25歳の頃

 西麻布にあった
 すごくオシャレな高級店




ead9e20dfbd617613ab0002dfb627970



 ジャズの流れる
 雰囲気の良い店内

 美味しい
 エスプレッソ

 そして
 恭しい接客





そんな贅沢な時間

上質な柔らかい生地を選び
自分なりに色々こだわり
スーツを仕立てました










◆一張羅にしよう!










急に大人の階段を
上がった気分がしました!

そしてスーツの仕上がりも
とても素晴らしく
その時に私はこう思いました





 このスーツは一張羅にして
 ここぞと言う場面で着る
 勝負服にしよう!






しかしその後12年間で
そのここぞと言う場面は
なんと3回だけでした


昔



 内訳は


 ※ 友人の結婚式

 ※ 社内公募の面接

 ※ デート





それ以外の時は
汚すのがもったいなく
着ることが出来ませんでした



なんと
1回5万円!



コストパフォーマンスの
異様に低いスーツです(笑)

そして形も古くなり
体型も変わった事で
2010年頃捨ててしまいました










◆毎日を全力で過ごす!










そして今回
仕立て直しをしましたが
既に3回以上は着ています(笑)

ここぞと言った場面は
以前はたまにだけでした





 でも経営者になった今
 毎日が『ここぞと言う場面』

 どうでもよい日なんて
 1日もないのです

 毎日毎日を全力で過ごす事で
 未来が切りひらかれていく





今はそんな風に感じています




69008721_2427797323966045_2103314857162964992_o


経営者の方が
毎日を全力で生きるために
イルサルトが出来ること


ここに集中し
仕事の深堀を続けていきます!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive