トップへ
ブログロゴ

大塚家具買収のニュースから中小企業経営者が学べること

vol.5124

こんにちは!
イルサルト末廣徳司です

 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋

今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆大塚家具身売り

大塚家具が
ヤマダ電機傘下へ


ヤマダ電機が
43憶円出資し株式の51%を
握り大塚家具を子会社化




大塚家具といえば
先代社長との方針の違いで
お家騒動が話題になりました



 追い出した久美子社長が
 業績低迷で買収され

 追い出されたお父さんの
 会社は業績絶好調



皮肉な結果になりました

◆何を求められているのか?

このニュースを
ブランディングから見ると
小さな会社に凄く参考になる
事例と感じるのです





久美子社長は
先代のやり方を古い!と感じ
低価格路線を進めていった

そこにはニトリ,イケアという
自社で低価格商品を開発する
強い会社がいて大苦戦

結果727億円あった売上が
373億円まで急降下



消費者は
『安価な大塚家具』を
求めていなかったと言う事

◆志らくさんのコメント

このニュースを見た
志らくさんのコメントが
非常に印象的です





 世間の大塚家具に対する
 期待とかイメージは
 高級路線なんでしょうね

 安いところはほかに
 沢山あるじゃないですか

 だからわざわざ
 安い大塚家具に行かなくても
 高い大塚家具に行きたい
 固定ファンはいるのが
 証明されたということですね

◆価値を磨く

私もその通りだと思います


 世の中から
 何を期待されているのか?

 どんなお客さまの
 どんなお役に立ちたいのか?


この2つを徹底的に考える



特に小さい会社は
価格で勝負すると
将来はありません




 価格ではなく
 独自の価値

 同業他社と
 明らかに違う
 自社の価値




この価値を磨く大切さを
大塚家具さんのニュースから
強く感じました





この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive