トップへ
ブログロゴ

話のネタになる!カップ&ソーサーのお話

vol.5134
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋
 

 
 
 
今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆ナポリからのクリスマスプレゼント!

今日は12月25日
クリスマス当日を迎えましたね!

いつもお世話になっている
ナポリのカチョッポリさん
からプレゼントが届きました(^^♪

ナポリらしい美しい発色の
カップ&ソーサー!

因みに一昨年
贈って頂いたのが
こちらのカップ&ソーサー

どちらもすごく素敵です♪
これでエスプレッソを
より美味しく楽しめそうです!

カチョッポリさん
いつも有難うございます!!

◆ソーサーの役割

ソーサーの役割は
お砂糖やスプーンを
置くための場所

しかし元々は違うのです!


熱い珈琲を冷ますために
ソーサーに珈琲を注ぎ
冷ましてからズルズルと
飲んでいたようなのです!



18世紀ころの
フランスや英国のお話

西洋人は猫舌で
熱さに弱い方が多く
中身の熱を冷ますために
食事を移し替えていた様です



そのため当時は
カップとソーサーは
ほぼ同じ大きさ!

そこから変化し
手で持てる部分を付け
カップとソーサーが
出来上がったのです

◆時代の変化

そして20世紀中ころから
カップから直接飲む人が
主流になったようです

役目を失ったソーサーは
深さもなくなっていき
カップの収まりのよい凹みも
作られていきました


そして現在の役割である
『受け皿』になりました

ソーサーがなくても
飲むこと自体は困りません

でも素敵なソーサーがあると
珈琲も美味しく感じられ
『目で見て楽しむ 』
ことも出来るのです!

デザインには
必ず意味があり
込められた意味を知ることで
より楽しむ事が出来るのです!

カップ&ソーサーのお話
どこかで話してみて下さい!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive