トップへ
ブログロゴ

欲しいのはスーツでない,必要なのは『貝原利幸というブランド』

vol.5135
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
 『主役スーツ』

 一度きりの
 人生という舞台で
 主役を演じきる
 衣装を仕立てる

 日本唯一の
 経営者専門スーツ仕立て屋
 
 

 
 
今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆貝原利幸さんご来店!

板坂裕治郎さんのブログ塾で
ともに学ぶ貝原利幸さんが
先日お越しくださいました!

貝原さんは
自ら美容院を経営しながら
そこで培ったノウハウを元に
繁盛する美容院作りの
お手伝いもされています

 美容院でのトラブルは
 私は経験した事はありません

 でも貝原さんの話を聞くと
 美容師さんの知識不足で
 髪が傷んでしまうことは
 結構起こっているようです

 中には大きなトラブルも
 発生しているようなのです

貝原さんとお話をしていて
初めて聞く話に
すごくびっくりしました・・

◆貝原さんの想い

貝原さんはお仕事のなかで
傷んだ髪を補修し
美しい髪を取り戻す
技術を身につけられました

色々なことを試行錯誤し
ようやくあるノウハウに
辿りつかれたのですが
そのモチベーションの根源は

 美容師の失敗で
 心までボロボロに
 傷めつけられる人を
 1人も出さない
 美容業界にする

この想いだったのです

そして貝原さんのお店は
噂を聞きつけたお客さまで
行列が出来る繁盛店に
なっていきました

◆ノウハウを広める!

貝原さんのお客さまの
髪はどんどん綺麗になり
表情もまったく変わり
人生をまた楽しまれている!

でもまだ世の中には
髪そして心までが
傷んでいる方も多い

そこで何か出来ないのか?
と考え始められたのが

『美容院の支援 』

自ら培ったノウハウを伝え
お客様の髪と心を美しくし
結果,繁盛店を創る!

そんな仕事を新たに
スタートされました

想いを大切にされる貝原さん

この新たな仕事での想いは

 いたんだ髪を
 綺麗にする事に関しては
 美容業界No1のプロ集団を作る

この実現に向け
いまお仕事をされています

◆貝原さんが必要なもの

そんな貝原さんが
イルサルトに来られた理由

それは

『貝原利幸というブランド』

を作りたいからなのです



美容師としての立場ではなく
今後必要なのは


美容師さんの
憧れや希望になる存在


この役割に相応しい身なりに
整える必要があるのです

◆その気になった一言

実はこの数カ月で
肉体改造された貝原さん

というのが
ご相談を受けたときに
私が言ったひとこと

 貝さん勿体ない・・・

 せっかく元がいいんだから
 もっと身体絞ったら
 岩城滉一みたいになるよ!



私のこの一言で
貝さんその気になりました(^^♪

そして見事に2ケ月で
別人のような締まった身体を
作ってこられました!


ここまでされると
私自身も更に燃えてきて
渾身のご提案書を作成し
お仕立てに入りました!

さあどんな風に仕上がるのか?
今から楽しみでなりません!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive