トップへ
ブログロゴ

SARS真っ只中の北京に1人残る決断をした上司に教わったこと

vol.5168
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 
 
『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋




今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆コロナウイルス大流行

コロナウイルスが
世界的に広まってきましたね・・

中国が春節で
世界中に旅行客が行く時期

これからどうなるのか・・・
拡大しないことを祈ります・・

今から20年ほど前
SARSが大流行をしたとき
私は発生地の北京にいました




 マスク姿の人が日に日に増え
 商業施設からは人が消え
 どこで感染者が出た!と
 様々な情報が錯綜し
 北京の街は大パニック





ワールド本社からは
帰国命令が出され
SARS終結宣言が出るまで
1か月間日本で生活しました

◆北京に1人残った上司

駐在員には
全員帰国命令が出たのですが
現地の責任者は自らの意思で
北京に1人残りました

もし何かあったとしても
自己責任ということです




 残った理由は
 現地スタッフの士気を
 下げないため




異常事態とはいえ
首脳陣である日本人が
全員逃げ出してしまうと
モチベーションは下がり
良い影響はありません

 駐在員として成果を上げ
 日本本社で出世をする

 駐在員はそのステップで
 数年間働いているだけ

 中国人の感覚からすると
 いつか日本に帰るんでしょ!
 というのが本音





強制帰国で
私が帰る際には


帰るところがあっていいね
私達は行くところがない



と言われたのを
今でも忘れる事が出来ません

◆言葉と行動で示す

日本企業が中国進出し
現地人を使いながら
外国で商売をする

そこには現地への
愛情,覚悟,尊敬の念がないと
上手くいく事はありません

日本人同士であれば
言わなくても分かる空気感も
外国人には通用しません




どんな時でも
自分の意思表示を言葉
そして行動をもって示す
必要があるのです





北京に残った責任者は
その覚悟を中国人に認められ
仲間意識も強くなり
関係が強くなっていきました

経営者としての覚悟

言葉で書くと簡単ですが
それはどんな行動なのか?
を当時の上司に教わりました



何が一番大切なのか?



を常に考え
覚悟を持って行動に移せる
経営者になりたいと思います

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive