トップへ
ブログロゴ

小さな会社だから出来た!イルサルトの販促事例を全てお話します!

vol.5178
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です
 
 
 

 
『主役スーツ』


一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆後継者だったころ

父の会社に入ったとき
私が常に思っていたのが


父との違いを
如何に出していくのか?



これは後継者の方なら
誰しも感じる事だと思います

何故なら
どこに行っても何をしても
後継者は必ず先代と
比較されるものなのです

比較されるのは
お取引先様からはもちろん
社員からも同じです

私の場合
社員からの声が
とにかくきつかった


先代のころは~だった
昔は~だったのに・・・


こうした声が
強いプレッシャーになり
いつの間にか

父との違いをだすこと

が仕事の目的に
変ってしまいました

◆変わる仕事の目的

お客様のお役に立つことが
仕事の目的のはずなのに

父との違いを鮮明にし
売上で父に勝つこと


がいつのまにか
私のなかで勝っていました

その頃は
お客様の顔がまったく
みえていませんでした


毎朝お店に行って
確認するのは売上のみ

どんなお客様が
どんな風に買われたのか?
に全く興味ありませんでした



そしてその後も
仕事が上手くいく事はなく
結局家業から逃げ出しました

◆大切なこと

あの時の自分に
アドバイスするとすれば

父は父
自分は自分

時代は違うし環境も違う
もちろん父とも違う

父を見るのではなく
お客さまを見る

自分なりのやり方で
とにかくお客様を喜ばせたら
いいじゃないか!

この父という部分は
同業他社に置き換えても
まったく同じです


先代や同業他社との
違いを出す事に縛られずに
お客さまをみる


やはりこれが大事なのでは?
と今になって理解できるように
なってきました

◆お客様を見る

父との違いを鮮明にし
売上で父に勝つ


そう思っていた私が
イルサルト創業後は
お客さまの方を向くことが
出来るようになりました



僅かな資金しかなかった
イルサルトが10年間
事業継続出来たのには
お客さまとの関係性だけ

関係性を作る事に
とにかく集中する様になると
少しずつお客様が
増えていきました

◆後継者特有の悩み

そんなお話を先日
後継者の方にさせて頂くと
すごく共感してもらえました




世の中の後継者は
『比較されること』に
苦しんでいる人も多

また
ただ単に承継するのでなく
自分なりの色をどう出すのか?
に頭を悩ませている




そんな方に末廣さんの話は
すごく参考になるから
詳しく話を聞かせて欲しい!

そこで自分がしてきた事を
お話してみようと決めました!

◆概要

日時)
2020年2月21日(金)
19時~20時半


会場)
イルサルト淀屋橋サロン

大阪市中央区淡路町2-5-8
船場ビルディング411号室

人数)
4名

料金)
イルサルトのお客様:無料
新規のお客様:3,000円

申し込み方法)
コチラのフォームから
お申込み下さい!

メールでのお問合わせ部分に
参加希望とお書きください


内容)

イルサルト創業の経緯

お客様との関係性を作った
実際の集客販促事例を
すべてお話させて頂きます

申し込みお待ちしております!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive