トップへ
ブログロゴ

服が寿命を迎える時は必ずサインが出ています!このサインを見逃さないようにしましょう!

vol.5202
 
 
 
 
こんにちは!
イルサルト末廣徳司です




『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
お手伝いをさせて頂きます

◆服を捨てる時期

先日お客様とお話していた時

服の捨て時が分からない・・・

というお話がありました






 確かに『捨てる基準』を
 教えてもらう機会は
 なかなかありません

 捨てる基準は人により様々






ある人がみたら
まだまだ使えると思う物でも
違う人が見たときには
捨てる時期になっている物

にあるのです

世界的ベストセラー
こんまりさんの
人生がときめく片付けの魔法
によると



ときめくものは残し
ときめかないものは捨てる




着ていてワクワクしない服は
服としての賞味期限を
終えていると言うことです



ただ
いくらときめいたとしても
物としての寿命を
終えている場合もあります

物としての寿命を
終える時には『サイン』が
ちゃんと出ていますので
これを見逃さない事が大事です!

◆スーツ寿命のサイン

物としての寿命を
終えたときのサイン



例えば
スーツで言うと『テカリ


摩擦による
テカリが出ている時は
寿命のサインです




破れは縫えば直ります
汚れは洗えば綺麗になる
しかしテカリだけは
どうしようもないのです

テカってきたスーツは
生地も薄くなってきており
破れる寸前になっています


テカリが出てきたら
今まで有難う!と感謝し
潔く捨てましょう!

◆ネクタイの寿命

捨てる時のサイン
ネクタイの場合は
シワが取れなくなったとき

結び目の部分のシワが
1日経っても
こんな風にとれなくなった時
ネクタイの寿命です

シワが取れないのは
表地だけではなくて
裏地もへたっているから



裏地がへたると
美しく結ぶことが
出来なくなるのです



逆に言えば
この状態まで使えば
ネクタイとしては本望

十分に役割を果たした
立派なネクタイと言えます

◆靴の寿命

捨てる時のサイン
靴の場合は磨いても
艶が出なくなったとき


スーツやネクタイに比べ
寿命が長いのが靴ですが
それでも寿命はあります

特に自分で靴を磨く方は
その革の劣化がどの程度か?
はすぐに分かるはずです

少し磨いたら
艶が出ていたはずなのに
磨いても艶が出ない


こうなった時は
靴は寿命を迎えています

人生がときめく片付けの魔法
で言えばときめくかどうか?



ときめくかどうか
テンションがあがるかどうか
の基準

そして
物としての寿命の基準



この2つの基準を持ち
上手く服を捨てましょう!




この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive