トップへ
ブログロゴ

スーツが似合うカラダになる『服筋』を鍛えよう!

vol.5279



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』


一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋






今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!

◆結局いつも一緒・・

先日すごいことに
気づいたんですよ!

普段は外食が多く
太りやすい食事

この外出自粛でも
家で食べて動かず
コロナ太り

ああ結局
いつでも一緒やな(笑)

年齢を重ね
代謝が落ちていくなか
体型を維持するのは
なかなかの苦行です・・・

あの歌を思い出しますね

1月は正月で酒が飲めるぞ~

2月は豆まきで酒が飲めるぞ~

3月は雛祭りで酒が飲めるぞ~

結局1年中
お酒飲んでますやん!
という酒飲み音頭

習慣は簡単に変えられない
ということがコロナで
思い知らされました・・・

◆筋トレ大キライ・・

年齢を重ねると
なにもしなければ
どんどん太ります

私の周りの経営者でも
トレーニングジムで
身体を鍛える人は多い

なかには
トレーニングが大好きで
体脂肪率一桁!という
アスリートのような方も
いらっしゃいます

がしかし私は
筋トレは大嫌い・・・

今もやってはいますが
正直仕方なくで
出来ればしたくありません

服屋という仕事柄
見た目をキープしたいのと
健康維持のために
ジムに通っているのです・・・

トレーニングを
2.3時間する方もいますが
私には信じ難い・・・

そんなに追い込むこともなく
ちょっと無理するくらいの
筋トレを続けています

◆服筋を鍛える

創業以来11年間で
15,000名以上の身体を採寸し
分かったことがあります

それは
スーツ姿が映える『服筋』
があること

身体には
色々な個所がありますが
スーツが映えるようになる為
鍛えるべきは二か所だけ

それは・・
胸板とお尻

ここ二か所だけ鍛えたら
ものすごくカッコよく見えます!



胸板が適度に厚く
お尻がキュっと上がっている




この2つで
最高にスーツ姿が映えます

オーダーで仕立てると
体型関係ないんじゃないの?
と言われる方もいますが
そんなことはありません


オーダーで仕立てる場合も
元の体型は非常に大切です

◆胸板&お尻!

胸板を厚くするためには
ダンベルや腕立て伏せ

お尻をキュッと上げる為には
スクワット


なんかが効果的です



詳しくは専門家にお聞き下さい!

私もトレーニングの際には
この2つは重点的にしています





カッコ悪いよりは
カッコイイほうがいい!

似合わないよりは
似合う方が良い!





そのために少しでも鍛え
大人の男として見栄えを
手に入れましょう!!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive