トップへ
ブログロゴ

前日に服を決めよう!それだけで朝の生産性が劇的に上がる!

vol.5288   



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆段取り9割!

明日なにを着ようか?
って考えている時間
すごく好きなんです




クローゼットに入り

※ どのスーツ?
※ 何色のシャツ?
※ ネクタイはどれ?


の順番に考えていきます

と同時に
頭の中にあるのが
仕事の段取り




頭がスッキリしている
朝に書く仕事は終わらせ
そのあと接客準備しよう!

選んでいる服を
着ている自分を想像し
仕事のイメージを膨らませる

これが私の日常です


書き忘れました!
前日に必ず確認するのが
翌日の天気

雨が降りそうな日には
濡れてシミになるのを防ぐ為
薄い色のスーツ,靴は避けます

◆前日に決めるメリット

前日に服を決める

これにはメリットが
2つあります

まず1つ目が
「汚れ、破れにすぐ気づく」

朝慌てて用意をすると
服の細かいところまで
なかなか目がいきません

前日にじっくり見ながら
服を選ぶとその異変にすぐ
気がつくことが出来ます

汚れ
破れ
糸の飛び出し
ホツレ



ほかには靴下の穴あきなど
意外に服は細かいトラブルが
色々と起こります

自分の体調を気遣うように
服の体調も気遣いましょう!

◆朝のルーティン

前日に服を決める
メリット2つめは

朝バタバタしない

朝の時間はすごく大事
1日は朝で決まります!

スムースに1日を始めるため
朝の流れはルーティン化
しています

4時半起床

体重を計る

水を飲む

ストレッチ

スキンケア

着替え

5時出発

この一連の流れで30分ほど
前の日に服を決めることで
バタバタする事がありません

貴重な朝の時間に
決めることが
1つ減らせるのです

◆服選びはたいせつな仕事

「服を選ぶ 」 のは
毎日のルーティンワーク

経営者にとって
翌日の服を選ぶのは
「次の日どう生きるのか? 」
の意思表明と言えます

誰に会うのか?
どんな仕事があるのか?


こうしたことを踏まえ
役割に相応しい服を選ぶのは
経営者としての
たいせつな仕事なのです

朝バタバタしながら
選ぶのではなく
前日に準備をすませ
いい仕事をしましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive