トップへ
ブログロゴ

ご存知ですか?酷暑を少しでも快適にすごす5つのテクニック

vol. 5350   



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆そして今週も雨・・・

雨は先週で終わり梅雨明け!

そう聞いていたのですが
今週もまた雨の始まり。。。

なかなか梅雨もあけませんね。。

梅雨でジメジメしている上に
気温が上がってくるこの時期

少しでも涼しく過ごしたい!
そんなかたも多いと思うので



暑い夏を
少しでも涼しく過ごす
5つのテクニック




を今日は書いてみたいと思います!

◆5つのテクニック

わたし自身も実践している

夏を少しでも涼しくすごす
5つのテクニックとは

1: ポケットは空に!
2: シャツジャケットを着る!
3: クリースステッチを入れる!
4: SEEKを下に着る!
5: スーツは水洗い!

それぞれ説明していきますね

1: ポケットは空に!

スーツには
色々ポケットがついています

でもその中で使うのは2つだけ

ジャケットの胸ポケット
スラックスのお尻のポケット

胸ポケットには名刺入れ
お尻ポケットにはハンカチ

それ以外は
すべて鞄に入れましょう!




ポケットに物を入れすぎると
通気性が悪くなり蒸れてしまい
余計に汗をかいてしまいます

また重さで型が崩れ
服の寿命が大幅に短くなります

2: シャツジャケットを着る!

シャツ生地を使い
仕立てることが出来るのが
「シャツジャケット」

シャツ生地なので
軽く柔らかく涼しい

しかもジャケットだから
きちんと見える!





中にシャツを着たら
ビジネスで使え

中をTシャツに変えたら
カジュアルでも使える
すごくベンリなアイテムです!

3: クリースステッチを入れる!

夏は大量に汗をかきます


汗をかくと湿気が多くなり
スラックスの折り目が
取れやすくなるのです



雨の日に履いたスラックスの
折り目が取れやすいのは
これが原因なのです

でもご安心ください!
絶対に折り目が取れない方法を
開発しました

それがこのクリースステッチ



スラックスの折れ線の上に
ステッチを入れることで
ステッチが絶対に取れず
足のラインが美しく見える! 



というメリットもあります

4: SEEKを下に着る!

シャツは本来下着
だから本来下には何も着ません

しかし
この高温多湿の日本では
なかなかむずかしい・・・・

汗でベタベタのシャツ姿は
清潔感どころではありません

そんな時にベンリなのが
グンゼのSEEK!



着ていても絶対分からない
汗を吸ってくれる
消臭効果がある
シャツが汚れにくい




など良いコトしかありません!

5: スーツは水洗い!

夏のヨゴレの大半である
汗じみやニオイは
ドライクリーニングでは
落ちません

そこで水洗いをする事により
汗やニオイはキレイに落ち
汗染みや黄ばみを防ぐことが
出来るのです



夏物をクリーニングする際は
必ず「水洗い」
指定するようにしてください!

これから暑い夏がやってきますが


1: ポケットは空に!
2: シャツジャケットを着る!
3: クリースステッチを入れる!
4: SEEKを下に着る!
5: スーツは水洗い!



この5つを実践し
乗り切っていきましょうね!!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive