トップへ
ブログロゴ

統一させるべきは色でなく生地の季節感

vol. 5465  




こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆生地の季節感

今日はこんな感じのVゾーン


カシミアジャケット
ニットタイ
ぶ厚めのシャツ

何色か使っているのに
まとまってみえる秘密は
「生地の季節感」





 素敵に見える
 コーディネートのために
 もっとも大切なことは
 生地の季節感の統一





1つのコーディネートの中で
季節が混ざってはいけません
生地の季節感はかならず
統一をするようにしましょう!

◆イマイチに見える理由

色は、濃淡
カタチは、大小
とある程度はわかりますが
季節感は判断がむずかしい

着こなしがイマイチな人は
たいがいこの季節感が
混ざっているのです

センスは人によってバラバラ
すごく感覚的なものですが



 あの人の着こなしは
 ステキだ!

 あの人の着こなしは
 イマイチだ!




これは多くの場合一致します

ではなにがこの
ステキとイマイチを
わけるのか?



それは生地の季節感




もう少し詳しく言えば
季節感の統一

この組合わせを間違えると
とんでもなくイマイチな
着こなしになるのです

◆生地の季節感を合わせよう!

ステキに見える人は
生地の季節感が
統一されています








 よくある例でいえば
 スーツの下に
 ぶ厚いニットは✕

 一般的なスーツは
 生地が薄く冬っぽくない
 その中にぶ厚いニットは
 季節感があいません

 1つのコーディネートに
 春と冬が混在するので
 イマイチに見えるのです

スーツの下に着るなら
薄いニットにする

ぶ厚いニットを着るなら
冬の素材感のジャケット





これだけで
生地の季節感が統一され
ステキに見えるのです

生地の季節感を
統一していきましょう!



この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive