トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2020年11月25日

オヤジにはなりたいけど、オッサンにはなりたくない

vol. 5470   


こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆オバサマとオバハン

先日
友人と飲んでいた時の会話

石田ゆり子さんはいけるけど
松○○樹さんは厳しいなあ・・・
この2人の違いはなんやろ・・







 石田ゆり子さんは
 現役感があるけど

 松○○樹さんは
 現役感がない


 石田ゆり子さんは
 オバサマ

 松○○樹さんは
 オバハン







ザ男同士の会話ですね(笑)
男同士で飲むときは
こんな話しかしません・・・

◆オヤジとオッサン

でもこんな話しながら
思ったんですよ・・・

逆に自分に当てはめたら・・・

末廣さんは
すっかり枯れてて
オッサンくさい・・・

ないわ・・・

とか言われたら
すげーショック・・・

現役感があるかないか?
どっちがええか?というと
現役感のあるオヤジ

いくつになっても
ステキだと思われる男性
でいたいもの

好きこのんで
現役感がなく
オッサンくさい男に
見られたい人はいません・・

◆オヤジとオッサンの境界線

オヤジとオッサンを分けるもの

それは一言でいえば
「緊張感」
なのではと思うのです





 「仕事」に対する緊張感
 「自分」に対する緊張感
 「周囲」に対する緊張感






おそらく
こうした色々な緊張感が
なくなってくることで
現役感がなくなっていく

そんなことを感じます

「仕事」に対する緊張感

もっとよくなりたい!
という貪欲さ、考えかた




「自分」に対する緊張感

自分の見栄えを
若々しく保ちたい気持ち


「周囲」に対する緊張感

周りの人に対する
感謝や心遣い









こうした緊張感を高いレベル
で持ちつづけることで
色々な自律や自制が
できるのだとに思います

オッサンくさいね・・・
と言われることのないよう
年齢を重ねていきます!






緊張感と現役感

末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。