トップへ
ブログロゴ

騙されたと思って、いつもより1サイズ下の服を着てください!見栄えの説得力が変わります!

vol. 5471  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆ゴルフっぽくなってきた

ゴルフ練習をはじめ約2ヶ月半
ようやく10球中3球ほどが
芯にあたるようになりました(^o^)

初めたころは
芯に当たるのは
10球に1球あるかどうか・・・

芯に当たると
本当に気持いい!!

まずはある程度スイングを
固めていきたいですね~

上が、1ヶ月前
下が、昨日


だいぶ
大根切り感がなくなり
ゴルフっぽくなってきました(^o^)

◆定期的なチェック

2週に1回コーチに
1時間ほどのレッスンを受け
その間は自主練習




自主練習では
コーチに言われたことだけを
ひたすら練習

そしてまた
コーチに見てもらい軌道修正




ひたすらこの繰り返し

自主練習している間に
方向が少しずつずれて
自己流が強くなったり
しまうこともよくあります

でも2週に1度定期的に
チェックしてもらうことで
すぐに修正が出来ます



これがもっと長い期間だと
変なクセがついてしまい
なかなか直せなくなる・・・・



ある程度の期間で
定期的にチェックするのは
すごく大事ですね・・・

◆第三者チェック

第三者に
客観的に見てもらうのは
すごく重要なこと




 ゴルフスイングが
 自己流になっているのは
 自分では気づかない

 打ちやすいフォームが
 正しいフォームではない

 最初は
 違和感を感じるフォームが
 実は正しいフォーム

経営に置き換えれば





 経営が
 自己流になっているのは
 自分では気づかない

 経営しやすい手法が
 正しい経営ではない

 最初は
 違和感を感じる経営手法が
 実は正しい経営





だからコーチングを
依頼する経営者が
すごく多いのですね・・・

ゴルフをはじめて
ようやくわかりました。。

◆服も自己流になる

でもこれは
服のサイズでも
まったく同じことが言えます






 服のサイズ感が
 自己流になっているのは
 自分では気づかない

 着ていてラクな服がが
 正しい服のサイズではない

 最初は
 違和感を感じる服のサイズが
 実は正しい服のサイズ






特にスーツはそう
自己流のサイズ感では
多くの場合正しくない

スーツの正しいサイス感は
思っているより
小さいことが多いのです

◆正しいサイズ感とは?

正しいサイズ感の選びかた

これを学んだのは
ユナイテッドアローズでした
(以下UA)

私は学生時代UAで
アルバイトをしていました

スーツを売るから
スーツを着ないとという事で
店長に選んでもらいました

これが末廣さんのサイズ!

と渡され着た瞬間の衝撃は
いまでも忘れられません

キ。。。キツイ。。。。。

肩はピッタリしていて
ウエストもあまり余裕がない

これがジャストサイズなの?!





 自分の感覚では
 46だと思っていたサイズが
 実際には42サイズ

 なんと2サイズも
 大きいものを着ていたのです






しかし
キツイと思ったのは最初だけ
しばらくすると自然に
サイズ感に慣れていきました

◆オーラを感じさせる見栄え

特にビジネスウエアの場合
サイズが生命線

サイズがあっているだけで
オーラを発するようになり
見栄えに説得力が出るのです

そのためには
「サイズを見極める知識 」
をつけること

 具体的には
 1~2サイズ下を着てみる

 普段着ているサイズの
 1-2サイズ下を試着して下さい

 それがジャストサイズの
 可能性が高い

知っておいてほしいのが




 服は着ている感覚と
 人から見た感覚がちがう


 着ていてラクなサイズは
 人が見ると大きく見えます





だから多くの人のサイズは
合っていないのです

サイズが合っているだけで
見栄えが激変します




また
ジャストサイズを着ることは
体型維持をしやすいという
大きなメリットもあります

なぜなら太るときつくなり
太ったことがすぐわかるから

大きいサイズを着ていると
変化に気づきにくいのです

また多くの人のサイズが
間違っているので
サイズが合っているだけで
その存在が際立つのです


見栄えの説得力が出る!


体型維持しやすい!


存在が際立つ

正しくサイズ選びすると
メリットしかありません!

そのためには
1-2サイズ下を着てみる!

試着はただですので
どんどん試してみてください!

この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive