トップへ
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋
2020年12月24日

冬に薄手の服を着るのは、クリスマスにTUBEのあー夏休みを聞くようなもの

vol. 5499  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆今日はクリスマスイブ!

今日は12月24日
クリスマスイブですねー

とは言え
アラフィフのオッサンには
めくりめく夜も当然なく(笑)
家族とゆっくり過ごす予定

今日はケーキでも買って帰り
録画したM1でも見ながら
ダラダラと過ごしますか・・・・

お客さまが
いらっしゃらないときは
サロンでFMをかけています

FM 802
FM COCOLO


のどちらかなのですが
今日は両局とも
この3曲がループのように
流れています・・・

ワム ラストクリスマス
マライアキャリー 恋人たちのクリスマス
山下達郎 クリスマスイブ

何回となく聞きすぎて
そらで歌えるんじゃないかと
勘違いしそうです。。。

◆歌も服も同じ!

夏になったら
TUBEが聞きたくなるように
クリスマスになったら
ワムが聞きたくなる


そんな歌があるように
服もそんな風に思う人を
増やしたい





夏になったら
麻が着たくなるように
クリスマスになったら
ツイードが着たくなる

季節に応じた歌を聞くことで
より季節を楽しめるように
季節に応じた服を着ることで
より季節の変化を愛でる

季節の変化を楽しむことで
毎日をより楽しく生きる







衣替えはそもそも
そんな気持ちの表れ
服には思っている以上に
気分を変える力があるのです

◆生地の季節感

いまの装いは冬仕様
11月12月1月は
冬物と決めています





ちなみに・・・



2月3月4月が春物
5月6月7月が夏物
8月9月10月が秋物





合計で年に4回
衣替えをしています

春夏秋冬
何が違うのか?というと
「生地の季節感 」 です

◆季節にあった服を着よう!

実はこの
「生地の季節感」
は見落とされがち

着こなしが素敵な人は


時期にあった季節感


全体の季節感の調和

この2つを意識しています


逆に言えば
時期に合わない季節感で
1つのコーディネートで
いろいろな季節が混ざると
イマイチに見えるのです




歌で言えば
チューブのあー夏休み!を
クリスマスに聞くようなもの

広瀬香美さんの
ゲレンデがとけるほど恋したい
を夏休みに聞くのと同じ

歌に適した
季節感があるように
服にも適した
季節感があるのです

その時期にあった
季節感をまとい
季節の変化を
楽しんでいきましょう!


末廣徳司の画像
日本唯一の経営者専門スーツ仕立て屋。
株式会社イルサルト
代表取締役社長
末廣 徳司
tokuji suehiro

経営者、政治家、医師、作家、
講演家、士業、芸能人、
スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる

ことをミッションにしている。