トップへ
ブログロゴ

長く愛着もって使える物とすぐ飽きる物のちがいとは?

vol. 5502  



こんにちは!
イルサルト末廣徳司です





『主役スーツ』

一度きりの
人生という舞台で
主役を演じきる
衣装を仕立てる

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋





今日も
お客さまの人生を彩る
仕事をしていきます!





◆年末大掃除!

明日28日で
イルサルトも仕事納め

例年は仕事納めの日に
大掃除をするのですが
今年は大掃除を前倒し
先週金曜日にすませました






 1)
 不要なものは捨てる

 2)
 物の置き場所と置き方
 を決める

 3)
 窓、机、鏡などを
 綺麗に拭きあげる






そんな順番

サロンがきれいだと
すごく気持ちいい!
整頓された状態での仕事は
捗るような気がします(^o^)

1、2、3のなかで
一番難しいのが
1の捨てる

これを如何にできるか?で
整理整頓のレベル感は
決まる気がするのです

◆捨てる基準

捨てる基準を持つ

これがすごく大事
捨てられない大きな理由は
「いつか使うかも」

いつか使うかもしれない
と思うからなかなか
捨てることができないのです

1年使わなかったら捨てるとか
なんでもいいので
自分の基準をもつこと






 ちなみに私の基準は
 「ワクワクするかどうか?」


 ワクワクしなくなると
 物としての賞味期限終了と
 私が考えています

 ワクワクしないものを
 使うことで自己肯定感が
 下がるのがイヤなのです



 25年以上経っても
 ワクワクし続ける物もあれば
 1年もたたないうちに
 ワクワクしなくなる物もある

 ワクワクするかどうか?に
 年数は全く関係ありません

人生がときめく片づけの魔法
のこんまりさんは

ときめくかどうか?


が捨てる基準ですが
それと同じです

◆長く使えるものとは?

長くワクワクする物と
すぐワクワクしなくなる物

この違いがなにか?というと
選ぶ基準です



いま自分にあうものを買うと
自分が成長してしまうと
ワクワクしなくなるのです

でも
ちょっと背伸びして買う物は
将来の自分への投資なので
成長するまでの間
ワクワクしつづけます

 25年以上に渡り
 ワクワクしているものは
 エドワードグリーンの靴



 当時の私(22歳)にしたら
 清水の舞台から飛び降りる
 くらいの思い切りがないと
 買えないものでした

 価格的にもそうですが
 お店の敷居の高さを考えると
 まったくの不釣り合い・・・

 この靴が似合う自分になろう!
 そう考えて買いましたが
 今でもワクワクするということは
 私もまだまだ成長途中(^o^)







でもそうやって
投資感覚で服を選ぶと
結果的に長く着ることが
できるようになるのです

いま似合う服ではなく
将来の自分が見栄える服で
毎日ワクワクで過ごしましょう!


この記事を書いた人
末廣徳司の画像
末廣 徳司
株式会社イルサルト 代表取締役社長

日本唯一の
経営者専門スーツ仕立て屋


経営者、政治家、医師、作家、講演家、
士業、芸能人、スポーツ選手に至るまで
創業以来11年間で
のべ15,000名を超えるブランド人の
スーツを仕立てる。


「いま似合うかどうかで服を選ばない」
「好きかどうかで服を選ぶと失敗する」
「ブランド物はビジネスを減速させる」



など経営者に向けた
独自の服選び理論を提唱している。

日本経済新聞社主催で
経営者向けの着こなし術セミナー、
コラムの執筆

世界展開するブランド
「トミーヒルフィガー」の
商品開発プロデュースも行う。

大事なことは
「どう生きるのか?」を決め
その生き方に相応しい服を選ぶこと。


1人でも多くの方に服の持つ力、
装う意味や価値を伝え

経営者の生きざまをひもとき
かがやく人生を仕立てあげる


ことをミッションにしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

category
tags
archive